性感帯は、どこですか?(東京姉妹 姉・くるみ)

こんにちは! くるみです。

ちょっといやらしい話になりますが、みなさんはどんなセックスが好きですか。
くるみは、まったりと始まりゆっくりじっくりとするスローセックスが好きです。スロー過ぎると途中で寝てしまうこともあるんですけれどもね。(笑)

そのようなときに大切なものが、相手の性感帯です。すごく面白いことに、性感帯って人によって全然違うんです。経験の少ない人の中には、自分の性感帯がどこだかわからない人もいますし、ここだと思い込んでいても実は他にもそれを上回るほどの性感帯があったりする人もいます。人間の身体って本当に面白いものです。

0106%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%a7%89%e5%a6%b9

やっとベットインしたときの快感……!

このようなことを言うと最低と思われるかもしれませんが、くるみはある人とするセックスの中で初めてのときがいちばん好きです。お互いにヤリたい気持ちを抑えてデートを重ね、やっとベットインしたときの快感て、たまらないものがありますよね。少し緊張がありながらお互いマックスに興奮しているときの性感帯の探りあいは、何にも代えがたくまさに最高。初めて体験する人の身体は、まるで冒険家が新しい島を見つけた時のように好奇心に満ち溢れ、「もっと知りたい、お互いのこと」状態なんです。

性感帯を探り当てる!?

新しい島に上陸し探検するときは、ガイドブックなどありません。自分の足で繰り出し、どんな地形なのか、どこに何があるのか、身をもって体験します。それと同じで、初めての相手に「あなたの性感帯はどこですか?」と聞くのはナンセンスです。ガイドブックなど何も持たず、何も知らない状態から自分で探る。お互いに色んなところをいろんなペースで触りながらそれを探り当てるのが、1つの楽しみでもあります。
男女間のことは初めてのベッドインでは分からないことも多いので、もし質問したいとしたら何度も回数を重ね、ある程度お互いを知った上で「どこが気持ち良い?」と聞くのが正解ですね。

男性の中にはアダルトビデオをバイブルにしている人もいますが、一般の男性向けアダルトビデオなんて男性の欲望を具現化したものなので女性にとってはそれを実践されてもただ痛いだけで全然気持よくなかったりしますよね。これは本当に残念なパターン。もう2度とリピートしません。しかし、もしそれが彼氏だったら、教えてあげなければなりません。私の性感帯はそこではないということを。苦痛な関係は長続きしませんからね。

床上手を目指すなら……。

もしあなたが相手の性感帯を探り当てて床上手になりたいと思っているなら、全身に唇を這わせてみることをオススメします。舐めるという行為が苦手な人も、唇を這わせるくらいならできるはずです。唇ってすごく柔らかいのでソフトタッチするツールとして舌の次に有効です。「チュッ」と音を立てながら唇を使っていろんなところにタッチして相手の反応をみてください。右から左、上から下など、向きによって感じ方が違ったり、同じ耳でも右と左で感じ方に少し差があったりすることもありますので、ぜひ試してみてください。

大切なのは相手を思いやる気持ち

料理上手より床上手

くるみでした。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…