うまく距離を縮めたい…! “多忙な彼”を振り向かせる4つの攻略法

仕事もガッツリ、プライベートもアクティブ…。

キラキラな彼を好きになったはずなのに、どう距離を縮めていいのか分からない。

勇気をもってLINEを送ってみたけど、あきらかに忙しそう。

もしかしたらLINEやメールだけで距離を縮めていくのは難しいかも!?

でも、このまま見逃すわけにもいかない、そんな多忙な彼へのアプローチ方法をご紹介いたします。

■1. 面白いイベント情報をシェアする

仕事もプライベートも充実していないと気が済まない彼に対しては、ただLINE上だけでアプローチしていても効果はないでしょう。

自分と連絡をとることによって、何かメリットを与えないと、彼はあなたに対して興味を示しません。

いきなりデートに誘うと身構えられてしまいますから、まずは面白いイベント情報を集めて、タイミングをみながら送ってみましょう。

彼の機嫌がいいときに「今度、○○ランがあるけど一緒に参加してみない?」と声をかければ、もしかしたら二人きりでイベントに参加できる可能性も。

ランニングのイベントだったら練習を理由にして、デートに誘うチャンスもできますよね。

■2. 友人も誘ってみんなで部活動

アクティブな彼と距離を縮めるためには、自分もある程度、同じように前のめりで毎日を過ごさないとなかなか相手にされないでしょう。

きっと多忙な彼は、誰よりも充実した日々を過ごしていると自負しているので、彼女にしたいと思う女性は自分よりアクティブな日々を過ごしているか、あるいは自分にはない視点を持ち合わせているかを見極めているはず…。

彼の視界に入るためにも、いきなり二人きりでデートするよりは周りの友人も巻き込んで、みんなで部活動を始めてみるとチャンスが巡ってきます。

たとえば、年末年始で気になりはじめた冬太りを利用して、ダイエットに興味のある友人を誘い、みんなでランニング部を結成。

もちろん、彼も誘って男女数人で定期的に集まれば、彼とも接近できる機会がでてくるでしょう。

■3. LINEよりも二人きりになる

恋をすると、LINE上でアプローチする女性がいますが、これはかなり時間も手間もかかる方法。

一番効果的なのは、やはり二人きりになってデートをすることです。

最初から形式的なデートをする必要はありません。

たとえば彼も同じ職場で働いているなら「仕事のことで相談したいことがある」という理由でお茶に誘えば、簡単に二人きりになれるし見方を変えれば立派なデートになります。

形にこだわらず、まずは気軽に声をかけてみましょう。

もしかしたら思っている以上に、スムーズに進んでいくかもしれません。

■4. 女磨きに専念する

多忙な彼の興味を惹きつけるためには、同じようにアクティブに過ごしている姿をアピールしていく必要があります。

仕事はもちろんのこと、女性の場合は女磨きも一つのテーマになるでしょう。

ネイルサロンへ行ったり、美容院へ行ったり、ヨガに行ったり…。

すべての努力をオープンにする必要はありませんが、ちょこちょこと小出しにみせていくことによって、もしかしたら彼のほうから「最近、雰囲気変わったよね」と声をかけてくれるかも!?

■アクティブガールでいましょう

多忙な彼に対して「LINEの返信が来ない!」と悩むのは一番時間の無駄です。

相手がアクティブに過ごす彼だからこそ、攻め方も工夫しなければ、いつまで経っても「友人・知人枠」におさまったまま…。

彼に負けないくらいアクティブで楽しい日々を過ごしていれば、きっと気がついたときには距離が縮まっているはずですよ。