メンヘラと共存する方法(東京姉妹 姉・くるみ)

こんにちは。
東京姉妹のくるみです。

皆さんの周りにはいわゆるメンヘラの人はいますか?
事前にアンケートにお答えくださった読者の皆さま、ありがとうございました。
アンケートによると、皆さんの周りのメンヘラのうち、約7割が女性という結果でした。くるみの予想では9割くらいが女性かと思ってたのですが、意外と男性にもメンヘラがいるということが分かりました。これは今の時代を反映している結果と言えるでしょう。

最近ではジェンダーレスの考えがさらに広がっている傾向がありますね。以前は女性は弱い存在で守るべきもの、と思われていましたが今はそうではありません。女性の社会進出も著しく、家庭を持ったら仕事を辞めて家事育児に専念するという考えがもう今となっては古くなりつつあり、男性も女性もお互いを支え合うために働くというのが当たり前な風潮です。つまり、男性が弱く、女性が強くなっているのが今の世の中です。今後はさらに男性のメンヘラが増え、もしかしたらメンヘラの男女比は5:5くらいになるかもしれません。

では周りにメンヘラがいたらどう対処したらいいのか。今日はそのHOW TOをお教えしたいと思います。

0107-5001

女性のメンヘラの場合

「触らぬ神に祟りなし」これを言っては元も子もないと思われるかもしれませんが、くるみの経験上、どちらがタチが悪いかと言えばやはり断然女性のメンヘラの方です。怪談話で出てくる幽霊のほとんどが女性というところにも象徴されていますが、女性の恨みは本当に恐いものです。メンヘラの人たちは健康な人からしたら考えられない程「え!?」と思うくらい信じられないような行動をしますから、彼女たちに関わったら最後と思ってください。「我関せず」のスタンスでスルーするのがいちばん賢い対処法です。
女性の友人の話ですが、彼氏が職場のメンヘラに好かれているというということで自分の存在をアピールするべく職場にお花を送ったところ、それを花瓶ごとビルの4階の窓から外へ投げ捨てたらしいです。外には通行者がいなく無事だったようですが、もしいたとしたら……恐ろしい話ですよね。

男性のメンヘラの場合

こちらももちろん関わらないに越したことはありません。ただ少し違うところは、異性なので相性さえ合えば利用価値があるというところです。つまりあなたにとって有利になるように働いてくれるかもしれません。職場にメンヘラがいる場合は、何かを手伝って欲しいときに「○○くんにお願いしたいことがあるんだけど……」と優しくお願いし、その出来をすごく褒めてあげるとか。メンヘラの人って1つのことに集中したときものすごい能力を発揮することがありますから、ときに良い活躍も期待できます。ただし、好意を持たれたらストーカーにもなりうるので勘違いされないよう注意が必要です。

おわりに

男女ともに、メンヘラにはなるべく関わらないというのが基本的なスタンスです。
ただし、関わらないことを貫きすぎて「あの人、私のこと避けている」と思われてもまた厄介なので、普通に接するという上手い立ち回り方も必要です。
関わり過ぎずに理解する姿勢を示し、共存しながらトラブルを事前に回避しましょう!

くるみでした!