第一印象を劇的改善!「なりたい顔」を作る10の心得

第一印象が大切、とは誰しもわかっていること。

でも、そもそも第一印象って、どの要素から判断されているの?

近年よく耳にする「メラビアンの法則」によると、第一印象とは外見から受ける印象が55%、声から受ける印象が38%、話の内容から受ける印象が7%、という割合で構成されています。

いかに見た目の印象が第一印象を左右するか、この数字を見ると明らかですよね。

とくに話をするときに一番目に入ってくるのは顔。

体とは違って顔は隠せませんし、たとえメイクをしても顔つきはカバーできません。

『顔を見れば9割わかる』(著:及川尚輔、アスコム)では「顔は心の履歴書」「顔は長年、その人が蓄積させてきたもの」と解説されています。

つまり、顔は意識次第で良いほうにも、悪いほうにも変えられるということ。

心と顔は連動している、ということでもあります。

本書をもとに第一印象をぐっと良くする、自分がなりたい顔になるための心得を10個ご紹介します。

1. なりたいイメージを言語化する

たとえば「凛とした女性」というイメージを人に与えたい場合、まずは凛とした女性(女優でもアーティストでも、思い浮かべやすい人でOK)を想像し、なぜ彼女は凛とした女性に見えるのか、自分の頭で考える必要があります。

ヘアスタイル?
メイク?
ファッション?

と分析してみるのです。

ポイントが見えてくると、漠然としていたイメージを言語化できるようになります。

結果、凛とした女性に向けて、具体的な行動に移せるようになるのです。

著者の及川さんは、ファッション誌から好きなビジュアルのモデルやファッションの写真を切り抜き、キーワードをあげていく方法を紹介しています。

イメージをふくらませる練習をしてみてください。

2. 脳にご褒美をあげる

ときどき、脳にご褒美をあげるのは「美容術」のひとつだという及川さん。

デパ地下で高級なお惣菜を買ったり、旅先で素敵な宿に泊まったり……ちょっとした贅沢を楽しむことで、情動のもととなるドーパミンや神経を興奮させるアドレナリン、幸せ物質と呼ばれるセロトニンなどの脳内物質が神経細胞に伝達され、肌のハリやツヤが促されるようになり、美肌効果が期待できます。

3. 毎日人から褒めてもらう

脳は褒められると成長します。

だからといって、毎日誰かから褒めてもらうのは難しい!?

決してそんなことはありません。

コツは先に相手を褒めること。

何でもいいので相手の顔の長所を見つけて褒めてみると、必ず相手からも褒め言葉が返ってきます。

及川さんはこのコミュニケーションを「ビューティキャッチボール」と呼び、日常的に取り入れることを推奨しています。

繰り返すうちに自分の顔が好きになり、自信を持てるようになって、いい顔になるそうです。

4. 毎日「奇跡の1枚」を見て自己暗示をかける

「奇跡の1枚」があれば、誰かから褒められなかった日でも、眺めるだけで元気と自信がわき出てくるもの。

及川さんはプロのスタイリストにヘアスタイリング・メイクをしてもらい、プロのカメラマンに撮影してもらうことを勧めています。

プロの技術が結集した最高の1枚を見ると、「私ってきれい!」とモチベーションが上がり、もっときれいになるための行動にもつながります。

5. こまめに自撮りして自分の顔をチェックする

メイクをするときは当然鏡を見るけれど、それ以外はあまり見ない……という女性は少なくないのでは。

人から見られている(=第一印象につながる)顔を知らなければ、自分の顔はいいように変わっていきません。

まずは自分の顔をていねいに眺めて、短所と長所を知ることが大事です。

そこで及川さんが提唱するのは、鏡を見るだけでなくスマホで自撮り(セルフィー)をすること。

自撮りのほうが自分の顔を客観視できるといいます。

自宅でこっそり自撮りして、自分の“リアルな顔”を知りましょう。

6. スキンケアグッズ・コスメを断舎離する

スキンケアグッズ・コスメには製造日の記載がないケースが大半です。

多くは3年以上もつ(開封前の場合)ように作られているものの、開封後、安心して使える期間は商品にもよりますが、3〜12ヶ月程度。

高額だったからといって何年も同じものを使い続けると、当然成分が劣化しているため、肌にとって好ましい影響はありません。

思いきって一新して、肌にいいものを使い、第一印象をよくする美肌を目指したいもの。

7. 専門家のアドバイスを優先する

4と同様、プロの手を借りるのは、なりたい自分、素敵な自分への近道です。

ヘアスタイルにしてもコスメにしても、自分の好みよりも信頼できるプロに身を委ねてみることで、自分に本当に似合うものを選べるようになります。

プロがいるところといえば美容院や百貨店のコスメカウンター……どこへ行く場合でも、なりたい自分のイメージに合わせたファッション、佇まいで行くように、と及川さんは補足します。

プロは相手の外見のイメージをもとにアドバイスをくれるため、なりたいイメージ像をかためておくのは大事です。

8. スマイルエクササイズで心をやわらかくする

とっておきの笑顔に、人は心をつかまれるもの。

とくに笑顔は相手にポジティブな印象を与える重要な要素です。

ただし、自分では笑顔のつもりでも、相手から見るとあまり笑っていない、なんて可能性も。

見る人に「いいな」「素敵だな」と思われるのは、口角が上がっていて上の歯が見え目も笑っている、そんな笑顔です。

及川さんは割り箸をくわえて口角を上げる、鏡の前で上の歯を見せて笑う練習をする、マスクをして目尻を下げる……などの「スマイルエクササイズ」を勧めています。

これなら自宅の鏡の前でできますね。

9. 常に正しい姿勢で過ごす

一般的に顔は左右対称に近いほど、見る人に安心感を与えるといわれます。

一分の歪みもない人はいませんが、できる限り左右対称に近づけるのが理想。

それにしても、顔の歪みはそもそもなぜ生じるのでしょうか。

それは股関節の開きによる、と及川さん。

猫背や脚を組んで座る、肩を前方に落としてパソコンを使う、などが理由で股関節は開いてしまいます。

ただし、姿勢に気をつけ、常に背筋をぴんと伸ばすなど、正しい姿勢を心がけることで股関節の開きは食い止められます。

10. 人を大切にする

人の顔を見るとき、パーツや全体の雰囲気だけではなく、表情にも着目しますよね。

及川さんは、人相の悪い人は自分の行いがブーメランのように返ってきて、自分の顔に張り付いていると例をあげます。

だからこそ、愛を持って人に接する、つまりは人を大切にして生きると、自分も大切にされて幸せになり、結果的にいい感じの顔になるわけです。

メイクやスキンケア、習慣も欠かせませんが、人を大切にするという基本に立ち返ってみてください。

どれも今日からできることばかり。

なりたい顔になって、第一印象を劇的に良くしたい方は、上記の10の心得を試してみてくださいね。

参照:『顔を見れば9割わかる』(著:及川尚輔)