コンプレックス解消!? 短期間で胸を大きく魅力的にする方法

モデルさんのスリムな体形がもてはやされる時代とはいえ、内心、「胸だけはもっと大きくしたい!」と、思ってらっしゃる方も多いんじゃないでしょうか。
ダイエットしたら、痩せて欲しいお腹や足より胸のサイズがダウンして元に戻らない~! なんてお悩みもよく耳にします。

そこで今回は、“短期間で胸を大きく魅力的にする方法”をご紹介します!

0110-1001

おっぱい体操

まずご紹介したいのは、“おっぱい体操”。胸だけでなく子宮や卵巣にまでいい影響をもたらしてくれるエクササイズです。

① 腕を伸ばしてねじる
足を肩幅に開いて立ち、両腕を肩と水平になるように上げ、腕全体を指先の方向にできるだけ伸ばす。腕全体を内側と外側にしっかり捻る。4~5回。

② 手首を上下に曲げる
そのまま手の平を下向きにし、手首を上に曲げ5秒キープ。次に下に曲げ5秒キープ。上下1セットを3~5回。手首を曲げるとき腕も一緒に曲げないように注意。

③ ねじりながら上へ
①のように捻りながら、バンザイのポーズになるように腕をゆっくり上げていく。上まで来たら手の平は内側に向け、肩からグッと引き上げる。脇の下、脇腹が伸びる感覚を意識して。

④ ひじを曲げて脇腹をのばす
続いて、左の肘を曲げて右手で肘をつかみ、曲げた肘が頭の後ろに来るようにする。鼻から息を吐きながら、ゆっくりと上半身を右側へ倒します。脇の下、脇腹をしっかり伸ばすように4~5回。反対も同様に。

⑤ ねじりながら下ろす
身体を真っ直ぐに戻し、腕を内側と外側に捻りながら下ろす。手首や肘だけでなく、脇の下まで引っ張られるようにじっくりと捻るようにする。(ここまでで腕と脇腹のエクササイズが終了)

⑥ 両腕を後ろに倒す
次に上腕、胸、背中を伸ばします。両腕をバンザイのように上にして、左右の腕を交互に肩からぐっぐっと引き上げます。肘を曲げて左右の手でそれぞれ反対側の肘をつかみ、弾みをつけて後ろに10回倒し、腕を組み替えてまた10回。

⑦ 肩を後ろに回す
右手を左の鎖骨に添え、左肩を大きく後ろへゆっくり10回まわします。逆も同じように10回行ったら、今度は同時に左右の肩を10回まわす。肩が鎖骨より前に出ないように気をつけて。

⑧ 胸を揺らす
右手で左の胸を持ち上げ、鎖骨の中央部に向けて弾ますように揺らし、逆も行う。次に両手で胸を少し中央に寄せるように持ち上げ、上方に軽く揺らします。1秒に2~3回のペースで各25~30回。

生活習慣を見直す

生活習慣を見直すことでホルモンバランスが整い、胸の大きさにも影響が!
睡眠時間を十分に胸と睡眠時間は密接な関係があります。胸が大きくなるのは成長ホルモンの働き。成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので最低でも7時間は眠りましょう。

●ブラのつけ方
合っていないブラジャーをつけていたり、サイズが合っていても正しくつけられていないと胸の形を悪くし、つぶしてしまう原因になります。以下をチェックしてください。

・ 胸の丸みにワイヤーが合っているかどうか
・ ブラジャーの中心部分が浮いていないか
・ 肩紐の長さがピッタリかどうか(短いと肩こりの原因に。長いとバストを支えられません)

お手洗いに行った時にカップに背中や脇のお肉を入れ込む習慣をつけるといいですよ。

●お風呂に浸かる
入浴は身体を温め血行を改善します。血流が活発になるとそれだけ多くの栄養素が胸に運ばれます。また、湯船につかることで心身共にリラックスし、女性ホルモンの分泌が活性化されると胸にもハリが出る効果が期待出来ます。

バストアップに効く食材は?

女性ホルモンが多く分泌されると、大きくハリのある胸をめざせるだけでなく、髪や肌まで美しくなります。女性ホルモンは年齢と共に減少してしまいますので、活性化させる食材を積極的にとりましょう。大豆に含まれる大豆イソフラボンは人間の体内で女性ホルモンと似た働きをするので、胸を大きくする効果が期待できます。具体的には、豆腐、おから、納豆、みそ、高野豆腐などを習慣的に食べるといいでしょう。他にも女性ホルモンを活性化させる食材として、キャベツ、桃、梨などがあります。

おわりに

いかがでしょうか?
体操の他にツボ押しも効果が見込めるようですので興味のある方は調べてみるといいかもしれません。また、手っ取り早く女性ホルモンを摂取する方法としてサプリメントも様々な種類があります。自分に合った方法を選んで、美しく魅力的な胸をめざしましょう!

※おっぱい体操:「Girl’s Side Dictionary」池田書店 より抜粋

Written by mami