え、もうこんな年齢? 「私、年とったな~」と思った瞬間

まだまだ若いつもりでも、ふとした瞬間に「私、年とったな~」と思う瞬間があるものです。忙しい毎日だと年齢を重ねていることになかなか気づけませんよね。ちょっとしたきっかけがあって、やっと自分の年齢に目を向けることができるのです。

今回は、「私、年とったな~」と思った瞬間を女性に聞いてみました。

0113-8001

友達の子どもが大きくなっていた

「数年ぶりに会った友達の子どもが、私と同じくらいの身長になっていてびっくり。最後に会ったときは幼稚園児だったのに、いまではもう小学校高学年。子どもの成長をみると、かなりの年月が経ったのだと実感します」(31歳/小売り)

子どもの成長は早いものです。たった1年でも大きく変化しますよね。自分はあまり変化してないと思っていても、子どもがそれだけ成長するのですから、そのぶん自分自身も確実に変化がでているはずです。

白髪が生えていた

「人生初の白髪を発見し、かなりショックを受けました。早い人は20代から生えると聞いていましたけれど、実際に見るとショックが大きいですね……。白髪=老化のイメージがあるため、私はもう若いつもりでいてはダメなのかもと思いました」(28歳/金融)

老化の目安のひとつが白髪。ストレスや生活習慣の乱れが原因で白髪になることもありますが、どちらにせよ白髪の発見はショックですよね。将来、白髪染めを使っている自分の姿が頭に浮かんできそう……。

徹夜や暴飲暴食ができなくなっていた

「若いときはオールで飲み会、徹夜で残業、唐揚げや甘いケーキをどか食い……そういうことが平気でできていたのに、いまではまったくできません。身体がそれに耐えられないんですよね。以前に比べて休息を必要とする時間も増えたと感じます」(30歳/IT)

若いころは平気でできたことも、年齢を重ねていくうちにできなくなっていくもの。身体に負担がかかることはもうやめておくしかないですね。無理はせず、できる限り身体を労っていきましょう。

お気に入りのお店の店員が年下ばかり

「お気に入りのアパレルショップや美容院のスタッフは、いままで年下ばかりでした。それがいつの間にか同じくらいの年齢になり、いまでは全員年下に。お気に入りのお店が年齢的に自分に合わなくなってきたことも、年齢を感じる瞬間です」(34歳/教育)

お気に入りのお店のスタッフが入れ替わっていくのなら、気づけば年下ばかりということもありますよね。ショップによって対象年齢も変わってくるでしょうから、そろそろショップを変えるいい機会なのかもしれません。

言い寄ってくる男性に50代がいる

「20代だったころは50代の男性に言い寄られることなんてありませんでした。しかし、30代も半ばになると、50代の男性が本気で言い寄ってきて……。50代の男性から『俺でも恋愛対象になる』と思われる年齢になったんだと衝撃的でした」(35歳/金融)

男性に言い寄られること自体は嬉しいかもしれませんが、言い寄ってくる男性の年代が変わってくると複雑な気持ちになることも。モテる女性は年上のみならず、これからは年下からも言い寄られるかも?

最後に

年齢を重ねることは悪いことではありません。それだけ成熟した大人の女性になったということです。「老けてしまった!」と悲観的にならずに、前向きに自分の年齢を受け入れていきたいですね。

Written by 神之れい