「好きすぎて苦しい」が、片想いの停滞感を生み出す!?

20代でも30代でも、40代だって、好きな人を想う気持ちは純粋で美しいものです。大好きな彼を思い浮かべると、胸がギュッと締め付けられるようになり、切なさを通り越して、苦しくなることだってあるでしょう。真剣な愛を募らせるほど、そうした感覚が湧き上がるはずです。

しかし、まだ恋人同士になれていない片想いの状態では、「好きすぎて苦しい」状態が、恋の進展を阻んでしまうかもしれません。視野が狭くなって心の余裕がなくなるぶん、効果的なアプローチができなくなったり、好きな人の前でぎこちない言動を示したりする可能性があるのです。

恋成就の敵ともいえる「好きすぎて苦しい」状態を、どうすれば解消できるのかを考えてみます。

istock-603169478_r

なぜ、苦しいのか?

恋心を苦しく感じるというのは、好きという想いが相手に伝わっておらず、受け入れられてもいないことが、大きな原因となるでしょう。
「こんなに想っているのに報われない」
「私の愛がムダになっている気がする」
そんな虚しさが、胸を締め付けてしまうのです。

また、恋愛感情が大きく膨らみすぎて、自分の中に抱え込んでいることができなくなり、心はコントロールしきれなくなって不安定になります。
ですので、「好きすぎて苦しい」状態を解消させるには、恋心を相手に伝えて受け入れてもらうか、膨らみすぎた気持ちを縮小させるか。苦しい苦しいともがくだけでは、自分を窮地へ追い込むだけだといえます。

思い切って、告白!

好きな人との間に、何となくでも良いムードが漂うなら、思い切って告白してしまうのが、手っ取り早いかもしれません。「告白は男性にさせるもの。女性からするべきじゃない」という恋論理もありますが、好きすぎて苦しくなっているのに、駆け引きや待ちのスタンスを取るのは、さらに苦しさを拡大させるだけ。

ツメが甘いと言われても、自分の心を守るためには告白もアリでしょう。すでに二人きりで食事などに出かけていたり、相手の男性から意味深な言動をチラチラ見せられたりしているのであれば、もったいぶらせる必要はありません。胸を苦しくさせている「好き」という想いを、思い切って解放しましょう。

恋以外に目を向けて、高ぶった気持ちを静める

好きな人とまだ距離が遠いとか、気持ちが通じ合っている感覚がないといった場合、安易に告白をすると玉砕する可能性があります。そのため、片想いが進展途中の状態では、恋愛以外に目を向けて高ぶった気持ちを静めると良さそうです。

また、気分転換をするなら、頭を使う読書や映画鑑賞より、思考を必要としない運動をしたほうが良いでしょう。本を読もうと思っても、無意識のうちに好きな人のことを考えてしまい、1ページも読めないはずです。

そして、気分転換であっても、飲酒はできるだけ避けるべきかも……。酔っ払って好きな人におかしなメールを送ったり、ベロンベロンのまま電話したりするかもしれません。

苦しい恋心を、あえて直視する

小手先の解消法ではどうにもならない! という域まで来てしまった場合、苦しい恋心をあえて直視して、片想いを成就させるための策を真面目に考えるのが良いでしょう。

結局のところ、好きな人と結ばれれば苦しみは一瞬で消えるのです。ならば、両想いになるために何をすればいいのか、どうやって関係を進めていくのかという計画を立てることで、苦悩は軽減するはず。今より1歩でも前へ進むよう、努力と工夫を凝らしてみましょう。

Written by 岡崎咲

関連キーワード

KEYWORDS