えげつない!婚活パーティーで30代女性に声をかけない男性の本音

20170126_e_37400302

最近では女性の晩婚化が進み、「そろそろ結婚かな…」と思うのが30代を過ぎてからという女性も多いようです。
でも、30代を過ぎてお見合いパーティーや婚活パーティーに出かけても男性から全く声が掛からず惨めで悔しい思いをしたという人が多いのも事実です。

実は、男性が30代女性に婚活パーティーで声をかけないのにはちゃんとした理由があるようです。
今回は、婚活パーティーで30代女性に声をかけない男性の本音をお届けします。

だって子供産め無いじゃん?

家庭を作りたいと考えている男性は、女性に出産を求める事が多いです。
最近は医療技術が進み、ある程度年齢を重ねても安全に出産が出来るようになったものの、男性からしてみたら「よぼよぼママが子供を育てている構図」が嫌だという本音もあるみたい。
やはり、若くかわいらしいママとかわいい子供という理想を求めている男性が多いために、30代近くの女性にはお声も掛からないという現実が生まれてしまうのだとか。

付き合うなら若い方が良い!

男性の中にも年上の女性が好きだという人もいますが、少数派です。
年齢層が若い婚活パーティーに出かけてしまうと、男性が求める女性が全て若い人なので、30代女性には目もくれず若いこの方へ一直線。
自分はポツンと一人ぼっちなんて事もよくあります。
男性の本音としては「結婚の前にお付き合いするわけだから、やっぱり若い子が良い」というのがあるみたいです。
中には、「年齢と同時に体の肌の張りとかもなくなるし、抱き心地が悪くなる」なんて下劣な事をいう人もいます。
年下を狙う30代女性もいますが、狭き門だと心得ておいた方が良さそうです。

俺より仕事が出来るのは嫌だ!

男性は女性よりもプライドが高い生き物だと言われていますよね。
そのため、30代女性が自分よりも高学歴、高収入だったりすると気持ちが引いてしまう人も多いようです。

「結婚しても、私の方が給料高いとか言われて尻に敷かれそうで怖い」という本音がチラホラ。
30代を過ぎると、女性も仕事で責任のあるポジションを任せられることもあり、専業主婦になって欲しいという男性からすると「仕事辞めてもらえなさそう」とここでも気持ちが萎えてしまうようです。
婚活パーティーでは、仕事ができる女風な態度は出さない方が得策かもしれません。

男性は、えげつない本音を隠し持っている事がお解かりいただけたと思います。
婚活パーティーで年下や、同じ年くらいの男性を狙っても勝率は低いもの。
若い子ばかりの婚活戦場で負けを覚悟で戦うのもよいですが、年齢層を上げたパーティーなど確実に相手を見つけられる場所に足を運んでみることも婚活には大切な事かもしれませんね。