「他の子とは違う」と思われるオンリーワン女性に♡ポイントは“具体的”

世の男性が女性に対し、恋心を抱く瞬間。それは「なぜかこの女性に目がいく」「初めて会った気がしない」など、他の女性とは違う印象を受けたときです。つまり、意中の男性から振り向いてもらうためには、「他の子とは違う」と意識してもらうことが大切なのです。では、周りの女性に差をつけ、彼から意識してもらうためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。
男性を褒めるイメージ

男性の中身を具体的に褒める

気になる男性を褒めることで、自分に意識を向けさせるというアピール方法を使う女性は多くいます。とはいえ、ただ褒めれば良いというわけではありません。 たとえば、異性からモテる男性に「モテそうだよね」と褒め言葉をかけたところで相手の心には何も響きません。また、穏やかな男性を「優しそう」と褒めても言葉が抽象的すぎて印象には残らないのです。 男性を褒めるときは、見た目や第一印象ではなく、彼の中身を具体的に褒めるようにしましょう。「芯の強い男って感じで尊敬できる」「周りのことをよく見ていて気遣い上手だね」など、具体的な褒め言葉をかけてもらえると、男性も素直に喜べます。 同時に「他の子と違い、中身を見てくれる女性だ」と彼から思ってもらうことができるはず。

理想の女性のイメージ

具体的な将来設計を口にする

年齢を重ねるごとに将来について考える機会も多くなる独身女性。「今年中には結婚したい」「3年以内にはキャリアアップを目指す」など、大きな夢や目標を掲げる女性も多くいることでしょう。 そして、もし男性の前で自分の将来について語る機会があれば、具体的な将来設計を口にするようにしてみましょう。 「早く結婚して子どもを産みたい」「とりあえず近々転職したい」という曖昧な将来設計より、「結婚しても働き続けたい」「夢だった仕事に就くために資格の勉強をしている」と具体的な将来設計を語る方が、男性からも計画性のある女性として見てもらえます。 何より、将来に不安を持つ人も多い現代社会において、計画性のある女性は男性から見ても頼もしい存在。きっと、「他の女性と違って物事を冷静に見られるしっかり者なのだ」と好印象を抱かれるはずです。 心配するイメージ

自然に気遣う一言を口にする

女性の何気ない言動や些細な振る舞いを見ている男性は多くいます。特に意外と忘れがちな小さな気遣いができる女性は、それだけで男性から「他の女性とは違う」という目で見てもらうことができるのです。まずは、日常の中で小さな気遣いが自然にできる習慣をつくるようにしましょう。 食事をするときは、必ず「いただきます」を口にする。相手の前でスマホをいじるときは、「ちょっとごめんね」の一言をかける。相手の体調がすぐれないときは「無理しないで」と気遣う素振りを見せる。 一つひとつは小さな気遣いであれ、それが積み重なることで男性からの印象も大きく変わります。そこから「この子は自分をよく見てくれている」と他の女性に差をつけることができるのです。

当たり前すぎて忘れがちな言動を意識しよう

男性から「他の子とは違う」と思ってもらうためには、“当たり前すぎて忘れがちな言動”を心がけることが重要。その小さな行動の積み重ねが、男性に気遣いや育ちの良さを感じさせ、気になる存在として見てもらうことにつながるのです。 意中の男性の前では、多くの女性が忘れがちな部分を意識して見せるようにしましょう。他の女性に差をつけることができれば、彼から振り向いてもらえる可能性もぐっと高くなるはずですよ。

Photo by fotolia