周りが認定するメンヘラとは……!? 当てはまると危険!

「メンヘラとは」と、ネット検索したことのある人も多いのでは? 具体的な病気とは別に、精神的に病んでいたり、落ち込んでいる状態の意味で「メンヘラ」という、言葉を使っている人も少なくないでしょう。

それこそ、仕事や恋愛がうまくいっていない時期に、メンヘラ状態になり、男性や周りを困らせてしまっている人も。今回は、周りがメンヘラと認定してしまう、ちょっと精神衛生上よろしくない女性の特徴をご紹介します。

iStock-501650894_R

ネガティブなことばかり呟く

「毎日がつまらない」「私って何のために生きてるの?」「どうしてこうなっちゃったんだろう……」と、ネガティブな呟きばかりしていませんか?
SNSでもリアルでも、あまり周りを困らせてしまう発言をすると、「ああ~。こりゃ、だいぶメンヘラ入っているな……」と、周りはあなたとの接し方に悩んでしまうでしょう。

相手が恋人でも、これは同様です。もちろん、愚痴を吐くことも時には大事ですよ。でも、それがいつもになってしまうと、周りはちょっと頭を抱えてしまいそう。
ネガティブ思考に捉われたときこそ、肩の力を抜いて、自分のメンタルヘルスをいい状態に保つ工夫を取りたいですね。

自分ひとりだけで抱え込んでいる

メンヘラ状態に陥りやすいのが、自分のなかだけで“考え”や“答え”を導き出そうとしている時です。特に周りにあまり相談せず、ひとりでグルグルと考えてしまいがちな女性は要注意。

例えば友達や家族、仕事仲間に悩みを打ち明けるとか。「◯◯だと思っているんだよね~」と話すだけでも、相手の反応から自分では思いつかなかった考えや答えが見つかるかもしれません。

また、誰かに話しを聞いてもらうことで、気持ちが落ち着くこともあるでしょう。つい、ひとりで頑張ってしまいがちな女性がいたなら、愚痴をこぼせる相手を見つけたり、同じ悩みを共有できる仲間を見つけて、自分の精神を上手に安定させましょう。

考え過ぎる、心配し過ぎる

この辺りは性格やタイプによるものが大きそうですね。特に真面目な性格だったり、内気なタイプは、あれこれと考え過ぎたり、心配し過ぎる傾向にあるようです。
それこそ、人からの些細なひと言を気にしてしまったり、旅行に出掛けるだけでも楽しみよりも不安が勝ってしまう、なんてことはないでしょうか?

こうした傾向が強い女性は、周りからメンタルが弱く、線が細い印象を持たれがちです。人の性格はなかなか変わりづらいですが、それでも自分の性格も考え方次第です。

考え過ぎたり、心配し過ぎるのは、ある意味で危険を事前に察知し、回避する能力に長けているとも言えます。自分や周りの身を守るための戦術として捉えられると、ちょっと自分の性格やタイプが今より受け入れやすくなるのでは!?

私、メンヘラかもしれない!

いかがでしたか。「あ、最近の私、メンヘラ傾向かも……」なんて女性がいたなら、こんなポイントが当てはまっていないか、ちょっと自分を客観視してみてください。今の自分の状態を冷静に見つめられると、メンヘラの自分から脱するヒントが見えてくるかもしれません。

Written by 柚木深つばさ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…