「今日はハズレ…!」すぐに帰りたい合コンでも、自分の恋愛に活かす方法とは?

正直な話、合コンにアタリ、ハズレはつきものです。

無かったことにするのも良いですが、どうせなら自分の恋愛に生かしたいところ。

今回は、そんなハズレ合コンでも自分の恋愛に活かす方法を、ケース別でご紹介します。

会話が盛り上がらないケース

なかなか会話が長続きせず、盛り上がらないまま終了なんてケースはよくあります。

そんな時は、早めに切り上げるのではなく、どうせなら自分のスキルアップに使いましょう。

男性がリードすべきところではありますが、会話が長続きしないのは、こちらにも問題がある可能性があります。

もしかしたら、こちらのテンションが相手と合わないのかもしれませんし、知らぬ間に相手を傷つけているかもしれません。

どうやったらその場が盛り上がるのかを考えながら、実戦練習と割り切って立ち振る舞ってみてください。

うまく男性を立てつつもその場を盛り上げる術を身につけておけば、後々重宝すること間違いなしです。

好みの男性がいなかったケース

もしも好みの男性がいなかった場合でも、そこで諦めてはいけません。

なぜなら、男性の知人を紹介してもらえる可能性が残っているからです。

合コンがハズレだと認識したら、頭のスイッチを切り替え、そこからどうやって次にステップアップするかを考えましょう。

相手の交友関係が広い場合は選択肢も増え、例えば会社の同僚などを紹介してくれるケースもあります。

ただし、知人を紹介してもらう場合は、代わりに自分の知人も紹介するなどして、公平な関係をしっかり築きましょう。

また、相手に対しては、こちらに恋愛感情がないことをやんわり伝えておくことも大切です。

 

数ある出会いを大切にしておくことで、理想の男性と出会う確率も向上します。

ぜひ、今後の合コンで試してみてくださいね。