お正月が終わったと思ったら、もうすぐバレンタインデー! みなさん、どんな計画を立てていますか~? なんといってもバレンタインは大手を振って告白が出来る日。これを逃さない手はありません。

ただし単にチョコを渡したり、むやみに告白してもダメ。この機に、恋を成功させるにはポイントがあります。今回は男性の体験談を元に“バレンタインデーの告白で彼の心をつかむ方法”をお話したいと思います~!

iStock-628609994_R

①やっぱり手作り。でも……

「普段料理しない子で、サークルのパーティなんかでも役に立たない感じだったんですが、『はじめて作りました』って手作りチョコをくれたんです。どんな高価なブランドチョコをもらうより感激しました。恥ずかしそうに渡されて滅茶苦茶可愛く思えましたね。」(21才・学生)

今も昔も男性は女性の「手作り」には弱いものです。高価なものをもらうより、自分のためにそんな手間ひまを掛けてくれたんだ……と、チョコに込められた「気持ち」に打たれます。そしてよく言われることですが、「あなただけに」とか「はじめて」という言葉に男心は揺れます!

ですから、手作りでなくてもチョコを渡すときには「これはあなただけに特別の……なんです」といった言葉を添えましょう。ただし、そこまで親しくない男性にいきなり「手作り」は引かれる可能性もあります。また、いくら「はじめて」だからといって指紋ベタベタの清潔感のない失敗作ではちょっと……。不格好でも人にもらって口に入れられる許容範囲内の出来にしてくださいね。

②チョコだけじゃダメ

「チョコは普通のでしたけど、可愛いカードが添えられていました。『来年のバレンタインも一緒に過ごせますように』って。あぁ、彼女はこんな字を書くんだと驚きもあり嬉しかった。チョコは食べたら終わりですけど、カードは残りますしね。」(26才・公務員)

恋人同士のやりとりがメールやラインでほぼ済んでしまう現在。直筆のカードは大きな効果を発揮します。普段言えないような甘い言葉も文字にすれば伝えやすくなります。ですからくれぐれも手書きで……字が下手だからとPCで打ったのでは効果が半減してしまいます。

手作りチョコと同じで、特別達筆でなくても一字一字彼女が書いたんだ、というのがポイントなんです。(こちらもいくら綺麗な字じゃなくていいといっても常識の範囲内でお願いします~。)

③チョコの前に……

「同じ会社で前から顔は知ってたけど、その年の初め頃から急に話すようになった子でした。昼休みに行く喫茶店で一緒になることが重なったんです。好きな音楽の話をしたらよく知ってて、今度一緒にライブに行こうと盛り上がってアドレス交換しました。といっても恋人に進展するほどのこととは考えてなくて連絡はしなかった。バレンタイン前も『義理じゃないチョコ欲しいなあ』なんてほんとに冗談のつもりで言ってたんです。そしたら、当日『今日喫茶店行きますか?』ってメールがきたんで、チョコもらえんのかな、くらいの軽い気持ちで行ったんですけど本命っぽい感じで渡されて……急に意識するようになりました。」(28才・金融系)

手作りチョコのところで書きましたが、そこまで親しくない女性からいきなり本命チョコを渡されても男性は困惑します。よほどタイプの女性でもない限り引かれてしまう可能性大……。ですから、意中の男性と親しくない場合、バレンタインデーまでに距離を多少は近づけておかなくてはなりません。

この彼女がどうだったかは分からないのですが、適度な間隔で行動パターンを合わせるなどして、「顔を知ってる女性」から、「会えば話す女性」「連絡先を知ってる女性」くらいまでなんとか近づけておきましょう。

この体験談のカップルには後日談があって、チョコを渡されて彼が彼女を意識するようになった途端、彼女が喫茶店に姿を現さなくなったんです。実は体調を壊して会社を休んでいたのですが、それが分かるまで彼は焦ったり悩んだりして、「はっきり告白しておけばよかった」とやきもきしたのだとか。その後、彼から連絡をとって恋人になったんだそう。

偶然だったのでしょうけど、そのように「押しておいて引く」テクニックは心理学的に見ても効果があります。勇気を出して好意を伝えたら、そのあとは少し引いて静観してみるといいかもしれません。

おわりに

いかがですか? 昨今は男性から積極的にアプローチすることが少なくなっているようです。
だからといって女性から……というのも勇気のいることですが、バレンタイデーという「口実」があれば少し楽に踏み出せるのではないでしょうか。1年に1度の貴重な告白の機会を上手に利用して、素敵な恋を手に入れてくださいね!

Written by mami