モテる人は褒め上手! 相手のハートをくすぐる褒めテクニック3つ

褒められると嬉しいという事実

誰にでも「自分を認めてもらいたい」欲求があります。それは自画自賛では足らず、他人に評価されてはじめて得られる満足感。褒められて嬉しくない人はいません。ただ、「八方美人と思われるかも……」「口先だけの社交辞令と思われるかも……」と恐れるあまり、他人を褒めるのをためらう人もいますよね。

決して外見が良いわけでも肩書きがすごいわけでもないのに、モテる人がいます。彼らを観察すれば、日常的に他者を褒めていることに気がつくはずです。褒め上手な人は、人に好かれます。それはだんだん心理的距離を縮め、恋愛に発展することも。褒め上手は、モテる条件のひとつなのです。

褒め上手な人たちは、どのように褒めているのでしょうか。テクニックをまとめてみました。

褒めテクニック1:良いと思ったら即褒める

髪を切ってきた人を見て「似合ってる」と思っても、わざわざ口に出さずに心に秘めておくことってありますよね。特に男性に多いこのパターン、「髪を切ったのも気付いてくれないの!?」「気付いていたけど別に言わなかっただけ」と、ケンカに発展することも。

褒め上手な人は、良いと思ったことは、即口に出して褒めます。

「そのネクタイ、センスが良いですね」

「ついでにお使い行ってきてくれるの? 気が利くね!」

思った瞬間に口に出すので、言葉がライト。さらっと耳に入ってきますが、それを積み重ねれば効果は絶大です。

褒めテクニック2:内面を褒める

褒め下手な人は、「おだてなくては!」と焦ったときに、目に見えるものを褒めがちです。「その服、いいですね」ととっさに褒めたものの、意地悪な捉え方をする人は「服“は”、いいんでしょ」と返すので、それ以上褒められなくなってしどろもどろになり、ますます相手を不愉快にさせるという悪循環。

褒め上手な人は、一歩進んで相手の内面を褒めます。

特にその人自身の努力によって得た能力は、評価してもらいたいのになかなか褒めてもらえないポイント。気遣いやセンスの良さ、優しさ、知識量。持っている才能や頭の回転の速さなども心をくすぐります。

また、外見を褒められ慣れている人にとって、外見の美しさを褒められても心に響かないので、内面を重点的に褒めると良いでしょう。

褒めテクニック3:褒めてもらいたいポイントを具体的に褒める

「○○さんってえらいですよね」と褒められても、挨拶代わりの社交辞令に聞こえてしまいます。漠然とした褒め言葉は、誰にでも言うことができて簡単。それゆえ、相手には響かないのです。

努力していること、自信を持っていること、自分からは言わないけど自慢したいことなど、誰にでも人に気付いてもらいたいことがあるはず。そのようなポイントを見付けたら、できるだけ具体的な理由も添えて褒めましょう。

「こんな大量のデータを一瞬でわかりやすいグラフにできるなんてすごい!」

「センス良い人が服を選ぶと、安くても高そうに見えるんですね。買い物上手!」

具体的に褒めることで、「あなたのことをちゃんと見ていますよ」というアピールにもなります。

脱褒め下手!

褒め下手な人は、自分が思ってもないようなことを褒めがちです。そこには感情がこもっていないので、相手にも「お世辞だな」と伝わってしまいます。

褒め慣れないうちは、自分が「良い!」と思ったこと以外は、ムリに褒める必要はありません。逆に「良い」と思ったことがあれば、感情を込めて伝えましょう。そこにテレがあるかが、褒め下手と褒め上手の境目。

褒め上手になって、相手の心を掴みましょう!

(文:相沢 あい)