彼氏に浮気現場を見られたことってある?絶対にバレない秘訣とは

世の中には、カレに隠れてコソコソするのが趣味だという女性も存在します。始めは良くないことだと分かっていても、バレるかバレないかのヒリヒリとした感覚の中に身を置くうちに、そこに快感を見いだす浮気指向の女性。

そんな超肉食浮気女子に質問を試みました。ズバリ、あなたは「自分の浮気現場を見られたことはありますか?」

◆尾行されていた私

「今夜は今カレにはナイショの男性とデート。待ち合わせのお店に着いたら、何と今カレが先にテーブルに。その後、浮気相手がお店に現れて店内は修羅場と化しました」(27歳/金融)

と告白するのは浮気女子代表の恵美さん(仮名)。考えるだけでも恐ろしい展開ですが、その後どうなったのでしょうか。

「最近、やたらテンションが高めの私の行動に疑いを持ち、会社帰りの動きを尾行されていたことが発覚。確かにここ1ヶ月で何回かナイショのデートをしていました。浮気発覚後は素直に今カレに謝って、もう浮気相手とは会わないことを約束しました」

それにしても優しいカレでよかったですね。カノジョの浮気を疑う男性は、退社後のあなたの動きを尾行することぐらい堂々とやってのけますのでご注意を。浮気常習犯の女子は、たまには路線や駅を変えるのも必要な対策といえるでしょう。

◆現場に踏み込まれた私

さらにはこんなツワモノも。

「私は浮気相手の布団の中にいるときに、カレが窓から入ってきました。浮気相手の部屋は3Fだったのですが、カレは排水管を伝ってよじ上ってきたようです」(24歳/団体職員)

と、貴重な経験をお持ちの理沙さん(仮名)。

「やはり許してもらえるはずもなくそのままカレとは終わり。ま、その後は浮気相手がカレに昇格して堂々と付き合っているから別にいいんですけどね」

理沙さん、悪びれることもなくケロリとした様子で話します。ここまで開き直れる女子は天晴れというほかないでしょう。刺されないように注意してね。

◆浮気常習の女子が教えるバレない秘訣

012623

真弓さん(仮名)は、自他ともに認める浮気女子。これまで複数の男性と同時に付き合ってきたにもかかわらず、一度もバレたことはないそうです。その秘けつをコッソリ聞きました。

「浮気が発覚するきっかけの多くは携帯電話からです。浮気相手とのやりとりの履歴などは、常に消去するようにしています。プライベートだと思うとついつい気が緩みがちですが、重要な顧客データだと思って常に警戒態勢でスマホを管理しています」(27歳/情報通信)

さすが浮気女子の鏡。もう脱帽です。徹底した顧客情報の管理は、仕事でもプライベートでも最高のパフォーマンスを発揮するでしょう。

◆浮気するなら念には念を!

複数の獲物に広く目をつけて、その中から価値の高い一匹をゲットするのも、始めからこれという一人に相手をしぼって投資するのも、戦術としては平等と言えます。

浮気の是非は別にして、情報漏えいのリスク管理は慎重にしておいて損はなさそうです。