自分で自分を高める! 25歳から出会いを増やす方法

社会に出て数年くらい経つと、自分がどれくらい出会いに恵まれているか(恵まれていないか)が、自分でわかってくると思います。今回は、25歳から出会いを増やす方法について見ていきます。さっそくご紹介しましょう!

iStock-546766202_R

学生時代の友だちを大切にする

学生のときに出会いが多かった人は……おそらく「いろんな場所に」顔を出していたと思います。大学の授業に顔を出し、よその大学のサークルにも顔を出し、バイト先に顔を出し……という具合に、「いろんなところ」に顔を出していましたよね?

社会人になって、たとえば会社の総務の仕事をしていると、毎日決まった場所で決まったメンバーとしか顔を合わさない……こういうことになって、ふつうかもしれません。

あるいは、日ごろから人に会う渉外(しょうがい)の仕事をしていたところで、決まった仕入先としか取引していない会社は、決まった人とばかり顔を合わせることになったりしますよね。が、そういう出会いが不作そうな仕事に就いていても、ガッツリ出会いがある女子がいます。

学生のころの友だちを、社会人になっても大事にしている女子です。が、学生のころの友だちがほぼいない……という人は、以下を参考になさってみては?

めっちゃ難しい資格試験にトライする

出会いって、たとえば相席居酒屋に行くとか、合コンに参加するとか……そういうことで増えたりしますよね。でも、そういう出会いに満足していない人は「もっとちがう次元の出会いがほしい」と思っているのではないかと思います。

自分が理想としている男子との出会いがほしい……けど、合コンに参加してもそういう男子がいない……という具合に。こういうときは、あなたにとってすごく難関と思える資格試験にでもトライしてみてはいかがでしょうか?

質のいい出会いって、これまでの人生を振り返ったとき、自分が本気で努力している道の途中に転がっていたりしませんでしたか? そもそも「質のいい出会い」って、努力しているふたりが自然と引き寄せられるというものなのです。

が、「努力」なんて、しんどいことを言ったところで、多くの女子が嫌がるから、そういうことがあまり世間で言われないだけであって、いつの時代も、質のいい出会いは努力の途上にあります。

男友だちを5人つくる

たくさんの男子を知っているのは、遊び人の女子ではなく、男子です。男友だちを5人くらいつくれば、その中の誰かが、あなたにこれはという男子を紹介してくれたりもします。

だから女子会に参加して「出会いがない~~!」なんてことを言うのも結構かと思いますが、やっぱり男友だちと飲みに行くとか、そういうことをやってみてはいかがでしょうか。当たり前のことを書いているみたいに感じるかもしれませんが、出会いを求めて男友だちを増やす努力をしている女子って、案外少ないでしょ?

おわりに

いかがでしょうか。
ホントは、質のいい出会いが2つか3つあれば、それだけでいい恋愛ができていい結婚ができます。合コンで500人の男子と会いました~! と自慢している女子が、必ずしもいい恋をしていい結婚をしていないのを見るとわかると思います。

いい出会いを求めようと思えば、本文にも書きましたが、自分で自分を高める努力が必須です。つまり出会いを「横に広げる」のではなく「縦に深く掘っていく」ことです。厳しいでしょうが、それが、いつの時代も、出会いの本質ではないかと思います。

Written by ひとみしょう