「なぜ結婚しないの?」と聞かれたとき、どう答える?

「なぜ結婚しないの?」と聞かれたら?

世の中には、デリカシーのない人がいるもので、30歳を越えた独身の人に対して、「なぜ結婚しないの?」と聞いてくる人は意外といます。そんな相手に対して、どんな回答をすればいいのでしょうか?

独身の人には下記のケースが考えられます。

(A)独身主義者。
(B)恋人はいるが、結婚していない。
(C)恋人はいない。

(A)(B)だったら、回答は意外と楽です。

●(A)の場合の回答例
・「独身主義なので、結婚しません」

・「結婚に向いていないので、相手も自分も不幸になるので結婚しません」

●(B)の場合の回答例
・「今、恋人と結婚話を進めているところなんです」

・「私は今の彼と結婚したいと思っています」

親など、余程近しい相手ではない限りは、これらを言えば、現状を理解し、納得することが多いでしょう。(A)の場合、その人の人生のポリシーであれば、誰も口出しなんてできないですしね。もしおせっかいなことを言われたときは、「人それぞれに幸せの形があるので」と言っておけばいいでしょう。

(B)の場合は、「自分は結婚の意思がある」といったことを言っておいた方が、無難です。そうすると、相手もあまり突っ込んでこないでしょう。たとえ根掘り葉掘り聞いてきたとしても、「お話しできる段階になったらご報告しますので」と言っておきましょう。

問題は、(C)の場合です。結婚したいのにできない状況の中で、こういった質問を投げかけられるのは、非常に心のダメージは大きいものです。自分でもなぜ結婚できないのか分からないところもありますし、恋人がいないというコンプレックスがある分、「どうして他の人はできているのに、あなたは結婚できないの?」と、何か自分に欠陥があるかのように言われていると感じてしまうからです。そんなときにイライラした気持ちで答えてしまっては、しなくてもいいような喧嘩に発展してしまうことだってあります。

もし、あまり深く関わり合うような相手でなければ、波風を立てる必要もないので、何も考えなくても反射的に出る言葉を用意しておいた方がいいでしょう。

無難な回答は、これです。

●「流し回答」……とりあえず本意とは違っても、相手が理解しやすい言い方。
・「今、婚活を頑張っています! いつか、いいご報告ができたらと思っています」

これは、婚活していなくても、一応、言っておきましょう。前向きな回答ですし、相手も「婚活しているなら、何も言うことないな」と思ってくれます。もし仮に、「婚活って何しているの?」など、深く突っ込まれたときは、「ナイショ!」と言っておきましょう。そこから先のことまでズケズケと入ってくる人の方が問題あるので、話す必要はありませんしね。

ただ、問題は、そんな言葉を用意しても、会う度に聞いてくる人がいるときです。そんな相手に二度と言われないようにするための回答もあります。

「なぜ結婚しないの?」の回答例は?

「なぜ結婚しないの?」の回答パターンとしては、先ほどの「流し回答」のほか、「マジ回答」「ウザ回答」「ギャグ回答」「質問返し回答」などがあります。

基本は「流し回答」がいいと思いますが、親など深く関わる相手に対しては、きちんと自分の気持ちを話した方がいいこともありますよね。

例えば、親に結婚をうるさく言われたときは、下記のような「マジ回答」もあります。

●「マジ回答」……幸せとは何ぞや? という観点で、相手を納得させる言い方。
・「独身主義ではないけど、好きでもない人と結婚しても幸せになれないから、今は1人でいることを選択しているの。無理やり結婚して、私が不幸になってもいいの?」

「私が不幸になってでも、結婚をさせたいの?」という言葉は、親にとっては考えさせられる回答でしょう。さらに「お父さんみたいに素敵な人がいないから」という言葉を付け加えたら、父親も味方にまわってくれることもあるかもしれませんよ?(笑)

また「独身主義ではない」ということは、きちんと伝えることもポイントです。基本、親は「子供が結婚をしたいと思うように説得したい」と願望を抱いていることが多いので、「結婚をしたくないわけではない。むしろしたい」と言っておいた方が、安心するでしょう。

その他、心底、心配してくれているわけでもないのに、おせっかいな気持ちで聞いてくる人もいます。そんな人に対しては、「マジ回答」「ウザ回答」「ギャグ回答」「質問返し回答」などを使ってみてもいいでしょう。

●「ウザ回答」……相手が面倒なことになるから、二度と聞きたくなくなるような、ウザイ言い方。
・「すごく結婚したいんです。どこかにいい人いませんか? 誰か紹介してください! 条件ですか? お金持ちで、ハンサムで、次男で……(※理想を高めに)。どこかにいませんか? ね? ね?」

・「結婚はしなくてはいけないものなの? それって幸せになれるの? みんな幸せになるために結婚するのに、どうして離婚しちゃう人がいるの? みんなにとって結婚って幸せになれるものなの? ね? ね?(と、結婚について、難解な質問攻めをする)」

・「(わざと驚いたふりをして)えー! ビックリ。なんでそんなデリカシーのない質問をするんですか? ●●さん、そんな人でしたっけ?」

・「どうして、そんなヒドイことを聞くの? デリカシーがない! サイテー! (とあからさまにキレるか、泣き出す)」

ウザ回答は、「相手に負担を与える」のがポイントです(苦笑)。結婚の話を振ったら、「誰かを紹介しなくてはいけなくなる」「難しい質問をされる」「軽蔑をされる」「泣かれて、自分が悪人になる」などは、相手に負担がかかります。正直、ここまでやる必要はありませんが、相手をギャフン! と言わせたいときは、ご参考まで。

「なぜ結婚しないの?」に真面目に答えない

そもそも「なぜ結婚しないの?」なんていうのは、デリカシーがない質問なので、よほど本気で心配してくれている相手以外に対しては、真面目に答える必要はありません。

そんな相手に最適な回答パターンとしては、「ギャグ回答」「質問返し回答」というのがあります。

●「ギャグ回答」……真面目に話しても意味がないと思えるくらい、ふざけた言い方。
・「福山(雅治さん)と結婚できなかったので、独身でいます」

・「ファンのためにも、アイドルとして、独身を貫いています」

・「精神的に出家をしているので、独身でいることを誓っています」

・「私はシスターなので、すでに神様と結婚しています」

・「今、借金が30億あるんです。返すまでは結婚できなくて……。お金を貸してくれます? 貸してくれるなら、事情を話します」

ポイントは、相手が本気でうけとったら、単にアブナイ人になってしまうので、ちゃんと冗談だと分かるように言いましょう。

●「質問返し回答」……話題を自分からそらすための言い方。
・「●●さんは、どうして結婚したんですか?」「結婚って幸せですか?」「(※結婚は幸せだと言われたら)よかったですね」「参考になりました。私も頑張ります」

「ポイントは、参考になりました。私も頑張ります」という言葉で〆ると、自分の話をあまりしないで済みます。

……と、ここまで回答例を挙げていきましたが、一番大事なのは、「相手がどんな意図で聞いているのかを理解すること」です。それによって、むやみに腹を立てることもなくなるかもしれません。

なぜあの人は「結婚しないの?」と聞いてくるの?

独身の人に「なぜ結婚しないの?」と聞いてくる人は、どんな人がいるのでしょうか?

・心配してくれている人

・ただ言いたいだけの人

・おせっかいの人

・場つなぎの会話をしたい人

・相手を負かしたい人

・結婚している自分を正当化したい人

<例外>
・相手に興味があって、素直に聞いている人(年下の後輩とか)
※「どうして先輩はモテるのに、結婚しないのだろう?」みたいなパターン

・相手を自分の結婚相手の候補として考えている独身者

おそらく、独身主義な人ではないかぎり、多くの人が「いい人がいたら結婚したい」と思っているもの。明らかに相手が独身主義だと分かっていて、「どうして結婚しないの?」と素直に疑問を投げかけるのであれば理解できますが、そうではない人にこんなことを聞く人は、やはり思いやりもなければ、会話のセンスも皆無の人と言えます(※<例外>の人は除く)。

「なぜ結婚しないの?」と質問する多くの既婚者は、もしかしたら悪気はないのかもしれません。でも、自分がすんなり結婚できたからといって、人もすんなり結婚ができるものだと思っている時点で、それは“自分のものさしでしか物を見られない人”なので、話が平行線になる可能性は高いです。言うなれば、マリー・アントワネットの「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない?」と同じくらい相手の状況が見られない人なのです。

だから、心底、心配してくれている人以外は、単に「デリカシーがない人」なので、同じ土俵に乗らないで、「あぁ、この人は残念な人なんだ!」と思って対応した方がいいでしょうね。

●回答のオススメは、下記です。

・心配してくれている人……「マジ回答」、心に余裕がない時は「流し回答」

・ただ言いたいだけの人……「流し回答」、もしくは「ギャグ回答」

・おせっかいの人……「流し回答」、もしくは「ウザ回答」

・場つなぎの会話をしたい人……「流し回答」、もしくは「質問返し回答」か「ギャグ回答」

・相手を負かしたい人……「流し回答」、もしくは「ウザ回答」か「ギャグ回答」

・結婚している自分を正当化したい人……「流し回答」もしくは「質問返し回答」

<例外>
・相手に興味があって、素直に聞いている人……「マジ回答」(人生の先輩として、素直に理由を答えてあげる)

・相手を自分の結婚相手の候補として考えている独身者……好みのタイプだったら、「結婚願望がある」ことを伝える。タイプではなかったら、「仕事が楽しくて結婚の意思がない」と言っておく。

補足説明をすると、「場つなぎの会話をしたい人」は、会話をしたいだけなので、話が長続きする「質問返し回答」か「ギャグ回答」で、深く考えずに会話を楽しみましょう。

「結婚している自分を正当化したい人」に関しては、その人の“心の闇”の問題になります。本当に幸せな人は、人にはそれぞれ幸せがあることを理解できるものなので、むやみに自分の価値観を押し付けたりしないですしね。こういうタイプが相手の場合は、「マジ回答」をしても価値観が合わなくてこじれるだけなので、「質問返し回答」で相手がいかに結婚して幸せか、という話を聞いて、「よかったね」と言ってあげましょう。

なぜ結婚できないのか?

最後に、結婚できなくて悩んでいる人たちのために、どうして結婚できないのか? についても紹介します。

恋愛、結婚に限っては、縁やタイミングもあるし、相手あってのことなので、「努力すればできる」なんてことではありません。また魅力がある人が結婚できて、そうではない人は結婚できないほど、人生は単純ではありません。

“ただ単に結婚をする”ことは可能かもしれませんが、相思相愛で結婚をしたいとなると、難しいことはあるんですよね。人それぞれに好みはありますし、相思相愛は、ある意味、奇跡でもあるからです。だから、あまり自分を追い込まないことも大切です。

今、独身主義ではないのに、独り身である状況で、「なぜ結婚しないの?」なんて言ってくる人と出会ったときは、「残念な人と同じ土俵に乗らない訓練だ」と思って、割り切りましょう。

ただ、年を重ねるにつれ、年齢を聞かれなくなってくるのと同様、「結婚しないの?」という質問は、“言われるうちが華”なところもあります。言われたときは、「まだ結婚相手としての需要があると見られているんだ」と、ポジティブにとらえ、“大人の対応”をしましょうね。

(文:ひかり )

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…