恋愛体質の意味って? 「恋愛体質」と「恋愛依存」の違い

ときどき耳にする「恋愛体質」という言葉。「常に恋をしていないとダメな人」「恋人が途切れない人」などのイメージをもたれていますが、なかには「恋愛依存」と混同されているときもあります。

恋愛体質と恋愛依存はどう違うのでしょうか。今回は、恋愛体質の意味を含め、恋愛体質と恋愛依存の違いをご説明します。

iStock-494889458_R

恋人がいなくても平気 or 恋人がいないとダメ

恋愛体質のイメージとしてよく言われるのは「恋人が途切れない人」というもの。確かにモテる人なら恋人が途切れることもなかなかありません。とはいえ、仕事や趣味に熱中したいときは恋人がいないほうがいいというときもあります。

恋愛体質の人は、恋愛に対してはあくまで「恋人がいればいいな」程度のもので、「恋人がいないとダメ」というところまではいかないのです。恋人が途切れないものの、万が一途切れても平気なのは恋愛体質。恋人が途切れると不安になり、恋人がいないとダメになるのが恋愛依存です。

恋はしたいもの or 恋はしていなければいけないもの

恋愛体質の人は、恋がしたいと考えています。恋をして片思いの甘酸っぱさを感じつつ、そのうち付き合って恋人同士の幸せを味わう……それが恋愛体質の楽しみです。

恋愛依存の人はどうかと言うと、恋をしたいというよりも、恋はしなければいけないものという義務感にとらわれています。恋愛の楽しみなんて想像はしていません。恋をしないといけない、恋をすることが普通、恋をしないと人としておかしい……理由はさまざまですが、恋をしなければいけない理由を自分の頭の中で生み出し、恋をしていない自分はダメだと思い込むのです。

恋をしたいと前向きに考えるのが恋愛体質、恋をしなければいけないと義務感にとらわれるのが恋愛依存です。

相手を幸せにしたい or 私を幸せにしてほしい

健全な恋愛とは、お互いが支え合い、お互いにお互いを幸せにしたいと考えることだと思います。恋愛体質の人も、好きな人を幸せにしたいと考えています。お互いに幸せになれれば、素敵なカップルと言えますね。

相手を幸せにしたいという考え方とは逆に、私を幸せにしてほしいと考えるのは恋愛依存です。自分で幸せになる努力をせずに、相手任せで幸せを求めるのはいかがなものかと思います。

相手を幸せにしたいという与える愛を考えるのが恋愛体質、私を幸せにしてほしいという求める愛を考えるのが恋愛依存です。

別れはスッパリ潔く or 別れはすがって未練がましく

どんな恋愛もお別れがくるときはあります。そんなとき、別れを受け入れて潔く交際を終えられるのが恋愛体質の人です。別れは悲しいものですが、人生の終わりではありません。「いい恋愛をした」と思って次へ向かいます。

一方、すがっていつまでも別れようとしないのが恋愛依存の人です。すがることでその場では別れを回避できたとしても、別れの原因を改善できない限りは近いうちにまた別れがやってきます。未練がましくすがっても、いいことはありません。

別れをキレイに終わらせられるのが恋愛体質、別れを見苦しくするのが恋愛依存です。

最後に

恋愛体質の人は、恋愛に対して前向きです。周囲からは楽しそうに恋愛をしているようにみえるでしょう。いい恋愛の仕方も知っています。だからこそ、周囲に恋愛体質の人がいれば、見習っていきたいですね。

Written by 神之れい

関連キーワード

KEYWORDS