このまま自然消滅……?連絡をくれなくなった彼との復縁テク

付き合っている彼に送ったメールの返信がいつまで経ってもこないとき“このまま音信不通で自然消滅になるのでは?”とパニックになってしまいますよね。そこで、どうして彼は連絡をくれなくなったのか、彼と自然にヨリを戻すためには何をしたらいいのか、と、お悩み中のあなたがやるべきことをご紹介します。

◆そもそもなぜ突然音信不通になってしまったの?

「別れよう」という言葉なしに連絡が途絶えてしまうのは、“付き合い続けるのはちょっと無理かもしれない”という彼からのサインでもあります。彼自身、自分の気持ちがわからないのでちょっと待って、という時期なのかもしれません。

ただ、口ではっきり言われていない分、挽回することは可能だと考えられます。まずは彼が連絡をくれなくなった原因を考えてみましょう。付き合っていることに疲れてしまっていたり、そもそも“本当にこの子でいいのかな”と疑問に思われているかもしれません。

◆自然とヨリを戻したいなら“連絡しない”が鉄則

一度離れてしまった彼と自然にヨリを戻すには、どのような方法をとればいいのでしょうか。

1.連絡を止めて、冷却期間を設ける

多くの復縁本などには“連絡を取らないこと”が鉄則だと謳われています。もちろん、彼から距離を置かれている段階で猛烈にプッシュしてしまえば嫌われるだけですので、最低でも3ヶ月から半年の間は連絡を控えて、1ヶ月に1度メールを送る程度にするべきです。

2 .ある日突然電話をして、会う約束を取り付ける

いつまでもメールを送り続けていてもなかなか進展していかないのが現実です。ある程度の冷却期間を設けたら、突然彼に電話をかけてみましょう。

「なんとなく、最近どうしてるかなと思って」と、何気なくを装って会話をするのです。その時に、「ちょっと久しぶりにご飯でも行こうよ」と 何気なく誘ってみましょう。OKがでればしめたものです。

この時に注意したいのは、「どうして連絡くれないの?」などと自分達のの関係について問い詰めたり責めたりは決してしないことです。

3 .彼がいなくても「大丈夫」という素振りをみせる

彼と会えた時は明るく振る舞い“彼がいなくても私は元気で大丈夫”だという印象を与えた方がいいでしょう。それはメールの文面や電話の時にも同じことが言えます。

自分がいなくても問題なく過ごせているということがわかれば、彼も精神的な負担が減るのではと感じます。付き合うことが負担に感じなくなれば、自然と仲が戻っていくことも充分にあり得ることなのです。

◆注意して! ますます関係を悪化させてしまう危険行為

彼と音信不通になっているからこそ、行動に気を付けないとますます関係が悪化してしまいます。しつこく彼に連絡をするなどと、“押し”のアプローチでは彼はますます遠ざかってしまいます。

また、彼と共通の友だちがいたとしても、友だちに協力を仰ぐのは彼の気分を害してしまう可能性があるので止めた方が得策です。

いかがでしたか? やはり彼と音信不通になってしまった時は水面下で静かに時を待つことが大切です。また彼と一緒に笑い合える日がやってくるといいですね。