あと一歩のところで付き合えない…結局 “いい人”止まりの女性の特徴

男性といい感じの関係になるものの、結局は“いい人”と思われるだけで終わってしまう女性がいます。

いい人止まりの女性は、男性が恋をしたくなるほどの魅力に欠けているわけで、その要因は女性の性格や考え方にあるのです。

それを知って改善しなければ、いつまでも“いい人”で終わります。では、実際に“いい人”で終わってしまう女性の特徴を挙げてみます。

男性を気遣いすぎる

好きな男性ができると、その男性に嫌われたくない気持ちが働きます。その気持ちが強すぎると、過剰な気遣いをしてしまうのです。

例えば、デートでも全て男性の希望どおりに行動し、意見を求められても男性の好きにしていいと答えてしまうケースです。 確かに気遣いは必要ですが、それは常ではなく場面によります。
男性が無理をしている時や疲労している時、そんな時にさりげなく見せるのが理想の気遣いです。

一方、常に男性に気を遣ってしまうと、男性からは「いい人だけど意思のない女」と思われてしまうのです。

本音を言わない

「言わなくてもわかってほしい」

これは彼女が彼氏に言いがちな文句であると同時に、女性のセリフの中で男性が嫌うもののひとつです。

女心を読むのは難しいし言わなければ分からないこともある、そう思ってしまうからです。だからこそ、本音を言わない女性とは付き合いにくいのです。
最も、本音を言わない理由は男性を思ってのことかもしれません。

その点は男性も理解できるため、その場合は女性のことをいい人だと感じます。
しかし、本音を言わない以上は付き合いにくいため、「いい人だけと付き合うと難しそうな女」と思われてしまうのです。

マジメすぎる

こんな考えを持った女性ってどう思いますか?

・先に約束したことを例外なく絶対に優先する
・恋愛よりも仕事が大事。恋の用事で仕事は絶対にサボらない
・SEXは楽しむためのものではなく愛情を深めるためのもの

確かにどれも正しく、人間の模範のような考え方ですね。
真面目なのはいいことですが、こうやって真面目すぎるのも面白くありません。

最も真面目すぎるだけあって、いい人というのは間違いないですが、これだと男性からは「いい人だけど真面目すぎて楽しくない女」と思われてしまうのです。

いい人というのは友達としては最高ですが、恋人としては実はそれほど魅力的ではありません。

デートのために時には残業をサボったり、刺激的なSEXを求めるなど、いい人ではないことをする女性の方が魅力を感じるのです。

いい人であることは大切ですが、いい人すぎるのもまた問題ということです。