彼を困らせる デート中のNG言葉を知っていますか?

デートで「なんでもいい」「どこでもいい」がNGな理由

 デートで「なに食べたい?」と聞かれたとき「なんでもいい」と答えていませんか? 実はこれ、ヒントなしで店選びを期待されたような印象を与えるため、男性にかなり不評です。男性だけでなく「『なんでもいい』と言いながら気に入らないものをつくると文句を言うんだから」という主婦の声もよく聞きます。

 「なに食べたい?」の問いかけには、「なにを食べるか、一緒に考えて」というニュアンスが含まれています。「どこに行きたい?」も同様に、「どこに行きたいか一緒に考えよう」という気持ちがこめられているのです。

 1.行動や判断などの決定をすべて任せて自分では考える素振りも見せてくれない→失敗したら(気に入らなかったら)すべて自分のせいになる
 2.食べたいもの、行きたい場所など希望を言わないのは自分に遠慮して言えないのかと思う→心を開いてくれていないと感じられる
 3.本当になにも考えていない(自分と一緒に考えようともしない)人なのかと不安になる

 以上のような理由で、デート中に面倒な女性だと思われる可能性大。彼を困らせず、面倒な女性とも思われずに自分の希望を上手に伝えて愛される女性になりたいと思いませんか? そんな女性になるためにはどうしたらいいのか、「なんでもいい」「どこでもいい」に代わる言葉を考えてみます。

「相手を尊重すること」と「なんでも人任せ、言いなりになること」の違い

 「なんでもいい」「どこでもいい」を封印して自分の希望を上手に伝えるといっても、「なに食べたい?」と聞かれて、いきなり「○○のお寿司をお腹いっぱい」「ミシュランの星をとった××に行きたい」と答えたら、相手は接待を強要されている気分になってしまうでしょう。予算や相手の都合を考えずに自分の希望だけ通そうとするのは、ただのワガママ。相手を尊重する気持ちがなければ良い関係は築けません。

「なに食べたい?」「どこに行きたい?」と聞かれたら?

 仕事で意見を求められたときは自分の考えを簡潔にまとめて伝えるべきですが、仕事と恋愛は同じではありません。お互いのことを少しずつ知っていく過程が楽しかったり、「会いたい!」という気分を盛り上げたりするのです。

 もし「なに食べたい?」と聞かれたら、「そうだね、どうしようか。なにを食べたい気分?」と相づちを打ってから、短い質問をするというのも1つの方法。できれば、そのときに「昨日は焼き肉食べたから、あっさりしたものがいいかな」とか、「麺類がいいけど、最近おいしいお店見つけた?」など、自分の都合も伝えると相手が選択しやすくなります。

 話の途中で「知らない」「興味ない」など、否定するような態度をとると提案している側はガッカリします。相手のモチベーションを下げるような口癖には気をつけて、会話そのものを楽しんでいけると話もふくらみます。

【石田陽子の恋愛コラムガイド:石田 陽子】


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…