「彼からの返信がこない…」男を困らせるメールにありがちなパターン3つ

大好きだからこそ、毎日やり取りしたい彼とのメール。
けれども、なかなかメールの返信が来なくて、不安に駆られることはありませんか。
もし、付き合う彼が変わっても同じように返信が来ないのなら、あなたのメールに原因があるかもしれません。
今回は男を困らせるメールにありがちなパターンを3つご紹介します。

1.長文メール

大好きだからこそ、すべてを伝えたくて、今日あった出来事など詳細に記したメールを送っていませんか。

女性にとってメールはコミュニケーション手段ですが、男性にとっては単なる連絡手段。長文の日常メールからはその意図がわからずに、困って返すことができないのです。

「だから何?」と言いたくなるメールは、論理的で結論ファーストの男子には面倒に感じ、目的を感じないため返さないことも。

好きだからやり取りしたい旨と返信が来たら嬉しいことを伝えましょう。

やり取りしたいことで目的とわかるだけでも、男性の負担は軽減します。

2.挨拶メール

朝起きて「おはよう」、寝る前に「おやすみ」と毎日送りつけていませんか。連絡の意図が理解できずに、面倒くささや負担を感じる男性は多いものです。

特に用事があるわけではないけれど、やり取りしたい旨を伝えましょう。

ただし、挨拶メールが義務化されることは、負担が増えて嫌な男性もいます。

会っているときに、率直な意見を言い合い、希望のすり合わせをしましょう。

重い文章

好きだからこそ、過去の経験を語って共感を得たい気持ちからの重い内容のメール。

しかし、お伝えした通り、男性にとってメールは連絡手段に過ぎないのです。

伝えたい思いやわかってほしいことは、長々と文章で伝えるのではなく、直接会ったときに思いをぶつけましょう。

その方が素直な気持ちをフィードバックしてくれる確率は上がります。

男女でメールの捉え方は異なるため、返信が来ない場合には、相手の負担にならないメールの送信方法や直接伝える方法へと切り替えることがおすすめです。