隠れ巨乳の人気女性タレントに学ぶ「必殺おっぱい攻めテク」5つ

せっかく自慢のおっぱいを抱えているのに、洋服を着ると目立たなくなってしまう……。そんなもったいなさ過ぎるお悩みを抱えている人も少なくないのでは。そこでお手本にしたいのが芸能人の皆さま。

華奢なボディからは想像がつかないほど、実は立派なモノを持っている方も少なくありません。今回は、隠れ巨乳芸能人のタイプ別に学ぶ、「おっぱいアピールテク」をご紹介します。

◆「コンプレックスをアピール」長澤まさみタイプ(推定Fカップ)

高身長でスレンダー、それなのにちゃっかりおっぱいまで大きいのが長澤まさみさん。しっかり者のお姉さんタイプで、これぞ「良い女」といった感じです。

そんな彼女はインタビューで「ノーパッドブラが好き」と公言。その理由は「少年っぽい体型に憧れているから」とのこと。あんなにパーフェクトボディを持ちながら、巨乳にコンプレックスを抱いているかのような発言は、逆にグッときますよね。

普段からバリバリ仕事をこなす、しっかり者な隠れ巨乳のあなたは、さりげなく巨乳コンプレックスを匂わせると、そのギャップに男性はメロメロになってしまうかもしれません。

◆「照れずにアピール」石原さとみタイプ(推定Eカップ)

国民的小悪魔女優、石原さとみさんも実はたっぷりおっぱいの持ち主。さとみタイプならば、その巨乳っぷりを小悪魔全開でアピールしちゃいましょう!

まず手始めにバッグは斜めがけに。これで胸のボリューム感が強調される、通称「パイスラ」(パイスラッシュ)完成です。お次はリラックスしているフリをして、胸を机の上に載せちゃいましょう。最後は意中の男性の体にさりげなーく、胸を押し当ててみて。

このおっぱい攻撃で大抵の男はオトせるかも!?恥ずかしがらず、おっぱいに自信をもって存分に小悪魔になりきることがポイントですよ。

◆「巨乳ファッションでアピール」ローラタイプ(推定Eカップ)

タメ口キャラで一躍お茶の間の人気者となったローラさん。キレイなのに気取らず、気さくで楽しい人柄が魅力ですよね。ただしそれゆえにローラタイプはなかなか「ザ・女の子」という扱いをされづらいのではないでしょうか。

しかし、それを逆手にとってギャップでキュンキュンさせるのが上級テクニックですよ!こっそり寄せて上げるブラを付け、美おっぱいを形作ったら、ピンク系のピッタリセーターを着て、「バッチリ防備しているハズなのに巨乳がバレちゃうよ~!ファッション」で攻め込むのです。

男性がおっぱいに釘付けになっているのに気づいたら、「あ~おっぱいばっかり見てる~!触りたいの?オッケー、うふふ!……なんちゃって~」と、ドキッとさせる冗談を盛り込んじゃいましょう。

◆「天然さでアピール」綾瀬はるかタイプ(推定Gカップ)

天然で癒やし系、好感度絶大な女優・綾瀬はるかさんといえば、隠れ巨乳芸能人の代表格です。「もはや隠れていないのでは?」というツッコミもあるかもしれませんが、巨乳キャラで売っているワケではないので、「隠れ」のくくりに入れておくこととしましょう。

綾瀬系の天然キャラならば、あからさまに巨乳をアピールするのはNG。むしろ自分が巨乳だと気がついていない、くらいに見せるのがポイントです。

そこで実践したいのが、「うっかり」胸元がざっくり空いた洋服を着ること。それも叶姉妹のようなバッチリ一張羅ではなく、「洗濯しすぎてヨレヨレになっちゃったよ~」というダサさベスト。また、毎日着るのではなく、1ヶ月に3回くらいの頻度でいきましょう。

挨拶でお辞儀をしたとき、物を取るとき、書類を書いているときなど、うつむきがちの姿勢になるときにガッツリ覗く谷間に、「あいつ巨乳じゃね?」と噂されること間違いなしですよ。

◆「小走りしてアピール」上戸彩タイプ(推定Fカップ)

結婚してもいまだに意外と巨乳との記憶が残っているタレントではないだろうか。小柄で童顔という可愛らしいロリータタイプでありながら、そのおっぱいはなかなかのモノをお持ちの上戸彩さん。さぞ元気ハツラツ!な成長期だったのでしょう。

幼く見られがちな上戸タイプな人は、その元気さを利用して隠れ巨乳をアピールするとグッド。ことあるごとに小走りをするなど、体を良く動かして、その都度自慢のお胸を揺らしちゃいましょう。

とかく日本人男性にはロリコンが多いもの。ぱっと見の印象とおっぱいのギャップにヤラれちゃうこと間違いなしですよ。

さあ、皆さんも自分のキャラに合った方法で、そのお宝おっぱいをいかんなくアピールしちゃいましょう!