勘違いすんなよ! 男性が勘弁してほしいと思うチラリズム

気になるカレの視線を独占しようと思って、セクシー路線に走っていませんか? あなたが男ウケを狙って選んだトップスやスカート。実は“チラ見せ”の限界を超えて“下品な女”の象徴になっているかもしれませんよ。

そこで今回は、20~30代独身男性を対象に「『勘弁してくれ!』と思った女性のチラリズム」を徹底リサーチしてみました。

Hipster girl with a lollipop and long hair. Photo at sunset. Warm toning. Concept Pin-up girl style. Soft focus.

年齢に相応しくない“胸チラ”

「若い子だったらエッチな感じがするんだけど、ある年齢を超えた女性の胸チラって、ただ下品なだけなんだよね。男慣れした感じがするからかな。狙いすぎた感じがして、まったくドキドキしない」(33歳/商社)

男性にとって、見えそうでみえないチラリズムは最高の興奮ポイント。でも、あまりにも堂々と見せられるとゲンナリしてしまうといいます。本命のカレの前では、胸元がザックリ開いたトップスや背中が丸見えのドレスは、封印しておくのがベストですよ。

残念すぎる“トップ見え”

「好きな女の子のブラジャーが透けていると、最高にドキドキする。学生の頃に体操服姿の女の子を眺めている感じ。あの甘酸っぱい感じは興奮するんだけど、トップまで見えると台無しだよね」(29歳/建築)

見せるつもりがなかったのに、肩紐がチラっと見えてしまったり、うっかりブラのデザインが透けてしまったり。男性が興奮するのは、偶然見えてしまった“ブラチラ”です。間違っても、前かがみになったときに、トップまで見えてしまう幻滅ファッションを身に着けないようにご注意を……!

見え過ぎちゃう“パンチラ”

「パンチラって、見えそうで見えない感じで焦らされるのがいいんだよね。大股広げて堂々と見せちゃう感じだと、まったくトキめかない」(27歳/IT)

ミニスカートからチラッと覗く“三角地帯”は、男性にとって永遠の憧れ。でも、あまりにも大胆に見せられると、ドキッとするどころか引いてしまうといいます。ちなみに、高いところの物を取ろうとしたときや、しゃがんだときに背中から見えるパンツは、まったく興奮しないとか。身に覚えのある女性は、今すぐ改めましょう。

お手入れの行き届いていない“太ももチラ”

「デートのときミニスカートを履いてきてくれるとテンションが上がるけど、ムダ毛とか毛穴のボツボツのお手入れを怠っている太ももは残念なだけ。穴あきパンツとか、薄手のタイツも、油断大敵だからね」(28歳/保険)

今回の調査で「公害レベルだから、やめてほしい!」と厳しい意見が多かったのが、ムダ毛や毛穴の開きが目だった太ももの露出! ミニスカートや薄手のストッキングから覗く素肌を見て、こっそり「この子はないわ」と敬遠しているんだとか。いざ、というときに備えて、見えないところまでしっかりお手入れしておきましょう。

おわりに

いかがでしたか? 1つでも思い当たる節のある女性は要注意! 運命のカレを逃す前に、こっそり下品な女を卒業しておきましょう。

(取材協力)
・ 20~30代独身男性

Written by mook