脱・恋愛依存症!!彼と自分のための10年計画

今までの流れで続いているだけの彼とのおつきあい。自分ではどうすればいいのかわからないままズルズルと時間が過ぎていませんか。それって恋愛依存症かもしれません。

脱・恋愛依存症のトレーニングをすることで自分の彼への思いと向き合って、お互いにより良い未来に近づくことができます。

◆ 「これでいいの?」が一番多いのは彼との関係

「当時付き合っていた彼氏は朝早くから夜遅くまで働くハードな職業の人。休日に会えても平日の疲れがたまっているのか、デートはもっぱら彼氏の家です。最初はマイペースなところに惹かれましたが、仕事への不満や職場の人間関係の愚痴をよくこぼす人で、平日の深夜1時に電話口で仕事への不平不満をこんこんと話されたときは思わず閉口してしまいました。」

食事を作って、テレビを見ながら彼氏の愚痴を聞いて帰る。たまにならいいけど、長い付き合いが毎回それだと将来が不安ですよね……。

◆恋愛はお互いにとってプラスでなければダメ!

一緒にいても何も成長せず、サポート役になってしまう。この恋愛はイーブンではないと頭ではわかっているけどやっぱり一人になることが寂しくて別れに踏み切れない日々。

でも一人になることの寂しさで一緒にいるだけなら、恋愛として健全ではありませんよね。そんなときに背中を押してくれるのが、アラサー女子先輩からのアドバイスです。自分が経験したからこその説得力があります。

「恋愛はお互いがプラスにならないと絶対にダメ」

「一人の時間を増やしてトレーニングをしてみたら?」

「好きなことに没頭してみたら?」

「一人旅行に行ってみたら?」

など、色々なアドバイスが。

持つべきものは素敵な先輩女子!!思い切って一人旅に行ってみたり、自分の仕事に没頭したり、家族と過ごしたり……。自分の時間が充実してくると前向きになります。

◆1年1行の10年目標、生活の選択に変化が……

次にお勧めしたいのは、1年1行の10年目標設計を決めること。

紙に今後のイメージを書いていくだけ。生活、恋愛、仕事、お金、夢など、1年1行です。自分が欲しいもの、いらないもの……あっという間に自分の現状がはっきりしてきます。

「夢のためにはその選択で本当にいいの?」目標を設定したことで客観的に自分を見れるようになります。

欲しい洋服を前に散財しそうになったとき、仕事に行き詰まりを覚えたとき、さまざまな物事に対して目先の欲望だけでなく、夢のためになるべく選択するよう気をつけるクセをつけましょう。

◆「彼は私にとってどんな存在?」

しばらく自分の夢を見つめる時間を持つと、今の自分、未来の自分にとって彼がどんな存在なのか、はっきりとそれを感じられるようになってきます。やっぱり大事な存在だと気づくこともあるでしょう。

もし彼氏に別れを切り出すなら、このタイミングで。お互いの良い道を目指して歩きだすことができるはずです。

ダメな恋愛も、弱かった自分も、夢や新しい恋愛への大切なステップだったのだと、良い思い出として振り返ることができるのはすごくウレシイことですよね。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…