「気になる男性の年収」をさりげなく知る方法

現実的な話になってしまいますが、気になる男性の年収は知っておきたいところ。

しかし、面と向かって年収を聞いてしまうと、相手から引かれてしまう可能性があります。
今回は、さりげなく相手の年収を知るための方法をご紹介します。

名刺を参考にネット検索する

かなり直接的な方法ではありますが、これが一番確実かと思います。

会社勤めの場合、基本的に部署から役職まで記載されているはずですので、まずは名刺通りにネット検索をかけましょう。

近年では退職者などの口コミサイトなども充実していますし、有名企業ならある程度の年収は把握できます。もし検索でひっかからない場合は、同規模で同業種の企業を探せば、ある程度の年収を知ることができるはずです。また、次に会う約束もしているのなら、その会社の情報を少し調べておき、会話の足しにしてみると喜ばれるかもしれません。

自分の年収を話す

相手のことを知りたい場合、まずは自分のことを話すのが定石です。おそらく初対面の相手でも、仕事関連の話は必ずしてくるかと思いますので、その時にさりげなく自分の状況を話しましょう。話し方としては「年収が低くて困っている」のような入り口が自然で良いかと思います。

懸念点としては、自分の年収が相手より上回っているケース。相手のプライドを傷つけてしまう可能性がありますので、少し低めに話しておくのも一つの手でしょう。経営者やフリーランスなど、名刺では判断できない場合はこの方法がおすすめです。もしも自尊心が高い相手なら、逆に年収を話したい場合もありますので、軽いきっかけでも教えてくれる場合が多そうです。

 

もちろん男性は年収が全てではありません。とはいえ、事前に知っておくに越したことはありませんので、ぜひこの方法を活用してみてくださいね。