自分はどんな異性にモテる? 恋愛市場分析テクニック

自分はどんな異性にモテるのか、把握していますか?

「自分はどのゾーンの異性からモテるのか?」

その真実を突き止めることができたなら、あなたの恋愛はもっともっと効率的に成就するはず――なぜなら、そうなればあとはあなたに興味を示してきた相手のなかから「好みの相手」を選べばいいからです。叶わぬ恋に悩み苦しむというロスタイムもなくなりますね。

ここではあなたが「どのゾーンの異性からモテるのか?」を逆探知し、自分好みの異性と恋愛を効率的に成立させるための方法について、参考情報をご紹介したいと思います。それではさっそくいってみましょう。

モテゾーン調査――まずは「様々なジャンルの出会い」に参加

自分がどのゾーンからモテるのか? それを調査する方法は1つです。さまざまなジャンルの出会いの場所に顔を出すしか方法はありません。

例えば、違う年代の複数の異性グループと出会い、どの年齢層に“刺さる”のかを検証します。あるいは、経営者系、会社員系、公務員系、クリエーター系、営業系、製造系、サービス業系など、仕事の“業界”ごとにそれぞれ出会いの状況を検証し、自分のモテ度を測ります。

さらには遊び上手のモテ系男、ごく普通の男性、あまり女性とは縁がなさそうな男性。高所得者、平均所得者、それ以外。そして夜遊び系、スポーツ系、アウトドア系、グルメ系、お酒好き系。都市圏の男性、地方の男性などなど、業界や業種以外にもさまざまなジャンル分けができます。

そんな彼らとの食事会、合コン、ホームパーティ、交流会を、SNSや人づてで辿ったり、業者主催の会も検索し、それぞれ参加してみるのです。かなり長丁場になりますが、この検証自体をぜひ楽しんでみていただきたいのです。地道な作業ですが、時間をかけて調査を楽しむことで人生を変えるたくさんの価値が得られます。

「検証済み」の先から1つ1つ消してゆき、それぞれでの「モテ具合」をゲーム感覚でメモしていきます。こうすることで、自分がどこのゾーンの男性からウケがよいのか戦略的にマーケティングし、対策を練ることができます。

「自分好みじゃない相手との恋」は幸せではないって本当?

さて、ここで大切なことがあります。「自分好みじゃない相手」からどんなにモテても、幸せにはなれないということについての諸説です。

いくら相手が「求愛」してくれても、「自分好みの相手でなければ恋は生まれない」、これは事実です。

しかし、「会っているうちに」、あるいは「相手からの求愛を受けているうちに」だんだん好きになることも、珍しいことではありません。とくにあなたが女性の場合、「第一印象」がまったく好みではなくとも、コミュニケーションを重ねるたびに「好きになる」ということは大いにあります。

逆に、男性の場合は「女性にモテている」という状態に喜ぶことはあっても、「第一印象が好みじゃない」と視覚認識した場合、その後、相手に「恋」をする確率は女性よりも実は低いのです。

あなたがもし女性ならば「食わず嫌い」をやめることで幸せの扉が開かれる可能性が膨らみます。もちろん「生理的にありえない相手」は除きましょう。無理に好きになろうとして「やっぱり無理とわかった時」の喪失感が恋愛への期待感をそぎ落としてしまうからです。

モテシチューション分析という奥の手もあり

「自分はどの層にモテるのか? 恋愛市場ニーズの自己分析法」の他に、「自分がどのシチュエーションで一番モテるのか?」を計測する方法もあります。

これは相手選びよりも、もっと簡単です。それは検証するシチュエーションの数が少ないからです。

「食事会合コン」「カラオケ合コン」「ドライブ合コン」「パーティ」「バーなどの静かな店舗」「クラブなどの躍動的な出会いシーン」「スポーツ仲間」「スポーツジム」「スポーツサークル」「旅行」「ビジネス(ランチ)」「近所の会合」「お祭り」「勉強会」「英会話スクール」「その他カルチャースクール」など、実際に1つずつ出会いを現場で検証します。

すると、必ず「連続してモテてしまうジャンル」の存在に気づきます。そのジャンルこそがあなたが「異性から見て最も恋愛対象として輝くシチュエーション」と言えるのです。

ちなみにわたくしの場合は、「友達づての合コン」あるいは「クラブ(踊る方)での出会い」からの、後日「カラオケ」そこからの「アウトドア」そして「ドライブ」という流れが一番モテるという検証結果でした。この場合、こちらからの告白はまず不要で、不思議なほど「告白される件数」が偏っていて驚きました!

「自分好みの異性」が好きな「異性」を逆探知!

あなた好みの異性はどのような異性でしょうか? そのような異性を発見したら、どうすればいいのでしょうか?

ここで大切なのは、焦って恋愛アプローチせずに、まずは友達として、そしてリサーチ対象としてじっくり向き合いましょう。まずは恋バナを仕掛け、恋人について語ってもらいます。そして相手が本気で身も心も奪われる相手についてしっかり情報を収集します。相手が乗ってきたら、できれば恋人(もしくは元恋人)の写真も見せてもらいましょう。

その情報を知ることで「魅力的異性が好きになる異性と自分との乖離(かいり)」を感じるはずです。

ショックとともに得たその「ゴールイメージ(目指すべき理想の姿)」こそが、あなたを変える見本となります。不足していた「スペック」「物理的な部分」を得るための「身になる努力」に確信をもって踏み出すことができるのです。

服を変える! 遊びを変える! 変化を楽しむ

自分を変えるにはどうしたら良いのでしょうか?

オーソドックスな言い方になりますが、まずはセルフイメージから変えることです。セルフイメージを変えると言っても瞑想だけしていてもあまり変化はありません。

まずは、「なりたい自分が着ていそうな服や髪型で自分を騙す」ことから始めます。鏡に映った自分を愛し、誇り酔うこと、その状態で新しい出会いを楽しみます。ファッションに疎い男性ほど、自分の変化をいやがる傾向にありますが、その積み重ねがあなたに確固たる、「確信あるセルフイメージ」と新しい思考回路と対人態度を植え付けます。

さて、いかがでしたか? 自分が一番モテる相手、あるいはシチュエーションを知ることは簡単なことではありません。長い時間と手間を要する作業です。しかしそれは手間のかかる作業でありながら、同時に「出会いを楽しみ、恋に期待し、友情を育みながら、他人から人生を学び、思い出をつくる有意義な活動」でもあります。

人生、仕事をするだけがすべてはありません。会社を切り離した、自分時間のなかにこそ、創造的な人生の「旨味」が生まれるのです。その瞬間瞬間があなたの血となり、肉となり、そして感性やセンス、コミュニケーション能力の一部となってゆき、忘れがたき人生の思い出となるはずです。

ぜひ出会いの1回1回を人生の1ページとして楽しんで頂ければ幸いです。

(文:潮凪 洋介)