女性の起業がブーム!? その魅力と落とし穴

ここ数年、女性の起業がブーム化しているともいえます。20~30代女性が得意分野や、取得する資格・技術などを使って、個人事業主となるケースが増えているのです。

実際に、facebookやアメーバブログを覗けば、「女性の起業を応援するコンサルタント」や、「独立するための集中セミナー」なるものが、山ほど検索できます。

少し前は、起業や独立は男性、社会人経験が豊富な年長者に限定されていましたが、今はインターネットやSNSなどを使って、簡単に個人事業主になれるようです。今回は、その魅力と落とし穴に迫ってみたいと思います。

iStock-517236280_R

すべてが自分の思うがまま!

起業するにあたっては、自分が好きなものや得意な分野でのビジネスが可能です。注文や文句をつける上司がいませんし、すべてが自分のやりたいようにできます。

そのため、自分の「武器」となるものが明確にわかっている人は、独立しても事業が波に乗りやすく、失敗しにくいでしょう。やりたくないことはしなくて構いませんし、得意分野だけを追求できるのです。

しかも、経費と自分以外の人件費を除いた売り上げは、ほとんど自分のもの! サラリーマン時代より年収が大幅アップしたという人も少なくないはずです。

事前にチェック! 起業の「落とし穴」

起業して後悔するパターンの9割は、「売上が立たない」ことが占めるんじゃないでしょうか。自分の頭の中では完璧なビジネスモデルとして成立しても、実際に動き出してポロポロとほつれが見えてくるケースは少なくありません。

いったん独立すれば、サラリーマン時代のような安定した月給はなくなります。自分が考えた商品やサービスが売れず、ビジネス自体が回らなくなる……という場合もあり得るのです。また、個人事業主は企画力・技術力があるだけでは足りません。人脈と営業力がなければ、ものは売れないといえます。

ですので、「自分はあくまでブレーンであり、営業・販売は別のスタッフに頼む」というやり方もあるでしょう。あるいは、「自分が外へ出て、ガツガツと営業をかけるから、事務や経理をパートナーに任せる」というパターンもあるはず。

小規模経営を考えるなら、自分にはない武器・魅力を持った人と組むのが賢明です。

いかに「ビジネスを継続」できるか?

飲食店や流行を狙った商品は特にそうですが、どんなビジネスモデルでも、いずれ古くなり、ほつれが見えてきます。絶対に変わらず、売れ続けるものなんてありません。

そのため、自分の武器や1番の魅力を、いかにビジネスとして世にアピールし続けられるか? が、起業するうえで必要な覚悟だといえます。また、自分のビジネスにどれだけ興味を持って、努力・工夫を続けられるかも、個人事業主でいるためのポイントとなるでしょう。

20代~30代前半であれば、独立して失敗しても、会社や役所に就職することはまだまだ可能です。リスクを踏まえた上で一念発起するなら、それもアリでしょうし、「今しかできないチャレンジ」なのかもしれません。

Written by 沙木貴咲