ズバリ! 男子がつきあいたいと思う女子の特徴4選

下半身がサルのような男子であっても、思慮深く教養に溢れている男子であっても、じつは両者とも、似たような女子とつきあいたいと思っていたりします。
ネット上にはさまざまな「モテテク」がありますが、「男子がつきあいたいと思っている女子像」の最大公約数をとるなら、それは以下のような感じです。以下の1と2は、まぁありふれたことかもしれませんが、3と4はちょっと意外かもしれません。
さっそくご紹介しましょう!

0314-5001

1:ヤラせてくれる

「ヤラせてくれる女子とつきあいたいと、男子は思っている」と書くと、「え? ヤラせてあげないといけないの?」とイヤ~な気持ちになる女子もいるかと思います。
女子であまりエッチが好きじゃない人は、ちょっとしんどいかもしれませんね。
若くしてエッチが好きな女子って、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスがいいとも言われています。

あるいは初体験からエッチに対してネガティブな感想を持ったことがない(つまり最初から気持ちよかった)とも言われています。
どちらにも当てはまらない女子は、「ヤラせてあげないといけないのなら、どんな男子ともつきあいたくない」と思うかもしれませんね。でも大丈夫です。そのうち歳とともに、男性ホルモンが優位になってきて、エッチに抵抗がなくなってきます。多くのアラサー女子を見ていて、そう感じます。

2:ご飯を作ってくれる女子

これはもう古来より続く「男子の理想の女子像」であり、解説不要かと思います。
ご飯を作るのがイヤなら、家事が好きな男子とつきあうといいと思います。あるいは料理が好きな男子とつきあうとか……。
そういう男子って、探せばちゃんといるんですよね。

3:どこかで「か弱くなる」女子

多くの男子って、24時間365日ずっと「おれより強い女子」のことが苦手なんですよね。
いつもは男勝りにバリバリ仕事をしているけど、ふとした瞬間に「女の子」の表情になって、か弱いところを見せてくれる……こういう女子を大事にしたいなと思います。

4:「おかん」みたいな女子

たとえば夫婦で、夫が財産を管理している……というケースは少ないとされています。たいていは、奥さんがちゃんとお金を管理しています。結婚前にちゃんと貯金をしている男子……というのも、いろんなアンケート結果から「少ない」と言えます。

つまり、多くの男子って、生きていく上における「肝心かなめなこと」が、ひとりでうまくできないんですよね。
だから「飲みすぎたらしかってくれる彼女」とか「貯金をしないと怒る彼女」というのが、ものすごく「理想の彼女像」になるのです。

つまり3の「か弱さ」と、4の「おかん的な性格」の両方をうまく行ったり来たりできる女子は、多くの男子から「つきあいてぇ!」と思われている、ということです。

いかがでしょうか。

今の日本では、男女平等なんてことが言われています。
もちろん、「既得権益を山のように持っているおっちゃんV.S.女子全般」という見方をすれば、この世の中は、さっさと男女平等になったほうがいいわけです。男女平等になれば風通しが良くなり、これほどいいことはないでしょう。

でも、女らしさ、男らしさ、という、社会がどう変わっても変わらない「人としての性質」があります。この部分の「女らしさ」を、男子たちは、しっかりと感じとっています。下半身がサルのような男子だって、感じています。
下半身がサルのような男子って、エッチが好きなだけ、とも言い切れないのです。淋しさを自己処理できないから「女子らしい温もり」が欲しいと思っていたりもするのです。

だから、ときには女の子(子ども)のように、か弱いところを見せてくれたら安心するし、貯金がないことを彼女に正直に言ってしまえば、これまた安心するのです。
いつの時代も変わらない、「人としての女らしさ・男らしさ」という視点で、自分自身を見つめてみると、またちがったふうに恋愛を楽しめるかもしれませんね。

Written by ひとみしょう