デートで割り勘をしない男性が考えている、2つの当たり前なコト

デートの費用を折半にしたがる男性について、思うところがあります。ずばり、「お金がないのにどうしてデートしてんだろう」です。

百歩譲って、彼女が誘ったんなら話は分かるのですが、お金がないのにデートを提案する男性というのがいるんですよね。これが分からないんです。手持ちが心許ないのに彼女と出かけるというのは、つまるところ相手の財布を頼っているという証です。これじゃあ先が思いやられます。

よほど若くない限りは、いくら貧乏でもデートのときぐらいは、男性がお勘定を100%持つのが当たり前なんですよね、本来は。少なくとも割り勘を嫌がる男性というのはいますし、自分が全額出さないと納得できないという男性もいます。

今回は、デートで割り勘をしたくない男性たちが考えていることを、2つご紹介したいと思います。

Happy couple on a date walking around London drinking a cup of coffee to go

全額費用を出せないのにデートに誘うのは美学に反する!

巷には、デート代の半分を彼女に出させるとか、酷い場合はホテル代から何から全て彼女持ちにさせてしまう男性というのがいます。こういう男性は本当に、同性から見ても食えない奴です。それでも、彼女にそうさせてしまうだけの話術があるんでしょうね、案外この手の男性はモテます。

しかし、普通の感性を持つ男性なら、当然のようにデートでは自分が全額出そうとします。お金がないならデートに行こうなんて言いませんし、お金を使わないデートを提案するものです。

そう、デートで彼女に財布を触れさせるというのは、どうにもこうにも、自分の恋愛美学に抵触していると考えるわけですね。相手にお金を出させるというのは、これは男性としては情けないことだと思ってしまうということです。

お金はない。でもデートはしたい。もっと言えばお金は相手に出して欲しい。これは本当にわがままな話ですよね。

そもそも女性はデート開始以前にコストをかけている!

というか、大前提の話として、女性と男性とでは、デートに臨むまでのコストのかけ方がまるで違うという点も考慮している男性は、デートでの割り勘は「ありえない」と考えるものです。

女性の場合、デート前にはファッションに思案をしたり、メイクを頑張ったりします。遡れば、デートのために新しい洋服や化粧品を買うこともあります。

つまり、デート本番までに、既に財布の中身を使っている可能性が高いというわけで、まともな男性はこのことをちゃんと理解しています。

だからこそ、その理解がある男性たちは、デートで割り勘や相手持ちで楽しむことが、考えられないわけです。自分とのデートのために頑張っておしゃれをしてきてくれた彼女に、この上デート代まで捻出させるわけには行かないと思うわけですね。

こういう考えが頭によぎっていない残念な男性は、デートで生じるお金について意地汚く、少しでも財布が軽くならずに済むように苦心するのです。

おわりに

というわけで、今回は「デートで割り勘をしない男性が考えている、2つの当たり前なコト」について書いていきました。

自分が見ていない部分で彼女がしている努力に気付いていれば、割り勘なんかしようと思えなくなるものです。自分とデートをしてくれる相手への誠意があるのなら、そりゃもう全額払うのは当然です。

デート費用ですら折半にしてしまおうとする男性は、はっきり言って生来のケチです。ケチはなかなか治りませんし、付き合いを続けていても嫌気が差すような姿を、しばしば見てしまう可能性もあります。

「デートでは財布を使わせない」という男性はいっぱいいますから、そういう男性と仲良くなった方が、お互いに気分も悪くならずに済むはずですよ!

Written by 松本ミゾレ