寂しくてもガマン!失恋からすぐに次の恋愛に進まない方が良い3つの理由

恋人と別れたり失恋してしまうと、できるだけ早く次の恋愛に進みたいと思う人も多いのではないでしょうか。すぐに次の恋愛に進むことは一見良いことのように思えますが、実は様々な問題があります。

失恋からすぐに次の恋愛に進まない方が良い理由をお伝えします。

1.寂しさから恋人を探してしまう

失恋直後に恋人ができた場合、それは新しい恋愛をしているのではなく、ただ寂しさを紛らわすために付き合っている可能性があります。その場合、彼のことを本当に好きで付き合っているわけではありません。

寂しさから付き合いだしてしまう人は、彼に尽くしやすいタイプの傾向があります。恋人がいることに安心するので、できるだけ彼に嫌われないように接するからです。

しかし、一歩間違えれば都合の良い女になってしまい、遊ばれて終わる危険性があります。

2.元カレと比べてしまう

失恋からすぐに次の恋愛に進む人は、元カレを美化する傾向があります。そういった人は元カレを基準にして新しい恋人のことを見てしまいがちのため、「元カレならもっとこうしてくれたのに」と不満に思ってしまうことも多くなります。

このタイプの女性は元カレと別れた後も連絡を取り続けていることが多く、そのせいで彼に浮気を疑われてしまい、別れに発展してしまうこともあり得ます。

3.同じ失敗を繰り返してしまう

恋人と別れた場合、そこになにかしらの問題があったはずです。途切れずに恋人がいる人に限って同じような失敗を繰り返してしまうのは、前回の恋愛での失敗を反省せずに新しい恋愛に進んでしまうからです。

恋愛が上手な人とは、ただ恋愛を繰り返している人ではなく、恋愛を重ねるたびに成長できる人のことです。

失恋したときは一度立ち止まって、しっかりと自分と向き合いましょう。

失恋から時間を置いた方が良い恋愛がしやすい

失恋をすると、次はもっと良い恋愛にしたいと誰しもが思うはずです。

そこで焦って次の恋愛に進もうとする人もいますが、実は失恋から時間を置いてからのほうが次の恋愛は充実したものになりやすいのです。

失恋はある意味、自分と向き合うのに最適な機会です。なぜなら、前回の恋愛が上手くいかなかった理由を考える過程で自分についても見直すことができるからです。

すぐ次の恋愛に進もうとする人は前回の恋愛から成長していないことが多いため、その後の恋愛も長続きしないことも多々あります。

失恋してしまった人は、次にもっと良い恋愛をするためにも、ぜひ自分と向き合う時間を作ってみてください。