女性の性欲、40代がピークってほんと?

女性の性欲は40代がピークだと言われている。そういえば、と思い当たる人も多いのではないだろうか。私の周りにも、「40代で乱れ咲いたわ」「やたらと体がしたくてたまらなかった」と当時を振り返る女性たちの多いこと。それもこれも、どうやらホルモンのなせる業らしい。

一生の間に分泌される女性ホルモンは、ティースプーン1杯程度だという。そんな微量な女性ホルモンに、女は支配されるのだ。もちろん、女性も男性ホルモンをもっている。

30代後半から卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンが激減するのが40代半ば前後。そうすると相対的に男性ホルモンが優位になり、アグレッシブになるという説がある。その結果、女性が男を捕獲するハンターへと変貌するのだ。

他にももちろん、人生経験を積んで自分から男を口説くのが恥ずかしくなくなっているとか、夫婦間のセックスレスによる我慢の限界だったとか、さまざまな要因はあるだろう。ただ、ホルモンのなせる業で男を捕獲したくなる説で、自分の行動が腑に落ちたと言う女性も少なくない。

20代のほうが「したい盛り」では?

男性の性欲のピークは、個人差もあるが10代後半から20歳前半だろう。

「女をみればしたくなる」
「ちょっとした刺激で、すぐに勃起してしまう」

男たちからそんな話をよく聞いたものだ。同様に、女性だって若いほうが身も心も活性化しているのだから「したい」と思うのでは? そんな疑問も起こりそうだ。

だが、昔から「30させどき、40はしどき」と言う。30代は「させどき」で、40代になったら自らしたくなるという意味だろう。これに関しては大きく頷く女性たちがたくさんいる。

「20代は興味本位でしたい気持ちが強かった。毎日セックスできると思って結婚したものの、現実の生活は大変。子育てに忙しくて、30代はセックスから遠ざかっていた。40代でようやく少し余裕が出てきて、再度、夫婦の時間が増えてきた。40代半ばで、急に性欲が激しくなり、自分から夫を襲うようになったの(笑)。最初は喜んでいた夫も、途中で音を上げた」(スミコ=仮名・以下同・50歳)

既婚女性だけではない。独身であっても40代で性欲に翻弄される女性がいる。

「今になって恋人の他にセフレが2人います。人生最大のモテ期。ずっと仕事ばかりしてきて、まったくモテなかったのに……。40の声を聞いたとたん、体がうずうずしてきて。自分の性欲をコントロールできなくなったんです。もともと長くつきあっている恋人がいるんですが、彼だけでは物足りない。とにかくセックスしたい、激しい快感がほしい、と思って自分からスポーツジムでナンパしました」(ナオコ・46歳)

セフレのひとりはジムで知り合った25歳、信じられないくらい体力があって、何度でも応じてくれるのだという。もうひとりは行きつけのバーで顔なじみだった30歳。こちらもセックスが強い。そして恋人は同年齢。恋人とは、まったりと愛情確認のセックスをするのだそう。

やはり20代とはまったく違う性欲に突き動かされているようだ。

快感も増していく40代

兵庫地方の民謡デカンショ節に「年増女とお寺の鐘は、突けば突くほどうなり出す」という歌詞がある。昔の「年増女」は20代後半だったかもしれないが、生活や寿命を考えて今の年齢に直すとやはり40代に当たるだろう。

ホルモン量だけの問題ではなく、女性の40代はやはり精神的にも落ち着いて余裕があるのだと思う。だから、若いときとは比べものにならないくらい深い快感を得ることもできる。体も心も、まさに熟している年代なのだ。

女性の平均的な閉経時期は50.5歳と言われている。その前後5年間、つまり45歳から55歳くらいまでがいわゆる更年期とされ、女性ホルモンが激減することによって心身共に不調を訴える人もいる。

ただ、周りを見渡してみても、更年期でひどい症状に悩まされているのはごく一部。多くの女性はパートであっても仕事をしているし、若干の不調を抱えていても元気に振る舞っている。そんな時期だからこそ、元カレや同級生などと再会して恋に落ちるケースも多い。

実際、既婚女性で不倫に走る年代も40代が最も多いと実感している。かつては、不倫に走った40代女性に話を聞くと、「もう夫とはできない、“恋”をしたかった」と言ったものだ。だが最近は、「家庭は家庭、外での恋愛は恋愛。分けて考えている」「夫は家族だから、夫とはセックスできない」「外で思い切り女としてセックスして、家では母と妻に専念する」などという声をよく聞くようになった。少し前まで、男たちが言っていたセリフを、今は女性たちが口にする。これも男性ホルモンが優位になった証なのだろうか。

以前はよく、女性は本気になるから不倫はできないと言われていた。だがそれは、男性の願望だったのかもしれない。現代の女性たちは、不倫で強烈な性的快感を享受し、家庭は家庭で守っていこうとしている。それは善悪の問題ではなく、今、起こっている現実なのだ。彼女たちは言う。

「つきあっている人がセックスできなくなったら、やはり会わなくなると思う。だって不倫の関係は、やはりセックスでの快感があってこそだから」

心身ともに熟した40代の女性たちは、「とんでもない快感」を決して手放さない。もっともっととエスカレートして性を追求していく。だが、もちろん家庭もうまく切り盛りする。よくも悪くも、女はしたたかなのである。
(文:亀山 早苗)