脈ナシでも気にしない! 恋する女子が身につけたいポジティブ力3つ

あなたはポジティブな方ですか? それともネガティブな方ですか? ネガティブ思考の自覚があると、恋をするにあたって損になってしまうことが多々あります。

たとえば相手へのアプローチ。「私なんかが声をかけても迷惑なんじゃ……」そう考えて、気になる人との関係が一向に進展しない。そんな状態の女性はいませんか?

出会いは自分から求めていなければ、一向に得られません。そこで今回は出会いを味方につける、ポジティブ力の身につけ方をご紹介します。

iStock-518866918_R

考えるよりも行動することを大事にする

気になる人ができても、相手に話しかけられない女性は多いのでは。「なんて声をかけたら……」「相手の反応が悪かったら……」考えれば考えるほど、相手に声をかけるのが億劫になってしまいますよね。でも、考えれば考えるほど損をすることは、あなたも薄々勘付いているはずです。

出会いってある程度、場数を踏まないと、なかなかいい相手って見つかりにくいですよね。1回の出会いで、いきなりいい相手が見つかったなんて人は、おそらく稀でしょう。つまり、いい出会いを見つけるにはそれだけ時間がかかるのです。

アラサーの女性にとって、時間はとても貴重ですよね。そのため考えるよりも、まずは行動する自分を大事にしましょう。「相手と話したい」と思ったら、「こんにちは。こういう出会いって初めてですか?」と声をかければいいのです。

すると、相手も何らかのアクションを取ってくるでしょうから。グルグルと考えているよりも、行動することで得られる情報はたくさんあると思います。

脈ナシは縁がなかったと思う

とはいえ、出会いを求めていると、相手に振り向いてもらえず歯がゆい思いをしたり、「ごめん、興味ない!」とハッキリ言われて、傷ついてしまうこともあると思います。

出会う相手が、必ずしも自分と気の合った男性とは限りませんし、両想いになれる可能性はどちらかといえば、低いかもしれません。そのため、落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、出会いを求めていればこういうことはよくある事と考えましょう。

いい出会いを求めるまでは時間がかかるもの。出会いを求め始めたばかりの自分の状況を、うまく客観視できるといいですね。また、脈ナシの場合は相手とは縁がなかったと、気持ちを切り替えることも時には必要です。

恋愛としてはダメだったけど、友達としてアリなら交流関係が広まるいいきっかけと考える。今回はうまくいなかったとしても、出会いの経験値は確実にアップしたなど。場数を踏んだ分だけ、運命の相手を引き寄せていると考えられると、もっと出会いに前向きになれるのではないでしょうか!?

上手くいかなかったら、人に話す

出会いの努力をひとりで抱え込む必要はありません。自分の気持ちを話せる友達がいるなら、「いま気になっている人がいるんだけど~」「フラれた! 慰めて!」と、どんどん自分の気持ちを吐き出しましょう。

ガマンをすればするほど、人はネガティブ思考に陥りやすいです。悲しいこと、不満に思ったことなど、友達や知人にこぼすだけでも、心の整理はつきやすくなります。気持ちがスッキリして、次の恋に行きやすくなるかもしれませんね。

また、相手からいいアドバイスがもらえる可能性もあるでしょう。いい結果が得られないと、人は不満に思いがちです。でも、前向きに考えてみると、出会いを求める大変さ、恋をする苦しさも、すべては相手がいなければできないことです。

悩んでいる最中に、そう考えるのは難しいかもしれませんが。ぜひ前向きに恋の魅力を肌で感じながら、いい出会いをあなた自身の手で見つけてみてください。

Written by 柚木深つばさ

関連キーワード

KEYWORDS