独身アラサー女性達の老後……どうやって不安を解決しているの?

独身アラサー女性達の女子会ではわりと普通に出てくるこちらの話題。そう、老後について。不安材料は人によって違うし、解決策も様々。そこで今回は、独身アラサー女性達が不安になっているポイントや様々な解決策についてご紹介いたします!

iStock-499421279_R

貯金や保険についての金銭的なこと

まず、不安になっているポイントの多くはやはり金銭面のこと。稼いできてくれる旦那さんがいないのだから一人で稼がなくてはいけないし、管理していかなくてはいけないわけですから不安にならないはずありません。

30代からならまだまだお金は貯めることが出来ます。働き盛りで仕事でも引っ張りだこでしょう。いまのうちにたくさん稼いで貯金しておこうと考えているアラサー女性は多いですね。

また、一人で貯めるのが不安であれば、貯蓄型の保険などに入るのも良いかも。保険の窓口では、細かく保険の種類を教えてくれるので安心ですよ。実は筆者の友人(アラサー独身)も保険の窓口に通っています。

仕事のこと

金銭的なことの次の不安要素はこちらです。仕事について。多くのアラサー女性達は、今の仕事を一生続けられるとは思っていないようですね。30代だからチャンスは貰えるけれど、40代、50代になっていくと変わってきます。

それに、体力的なこともありますよね。いくら会社に必要としてもらっていても、若い時と同じ様には続けていけませんから。そんなアラサー女性達の中には、休日を使って様々なワークショップに参加したり、旅をすることで価値観を見直してみたり、体験農業に参加してみたり、積極的に新しいものにチャレンジしている人達もいるみたいです。

趣味にのめり込んでいたら、一生やっていきたい仕事を見つけられたという人もいます。サーフィンにはまって、サーフショップを経営しだしたり、何度も訪れていた街が好きになって移住することになったり。

年齢とともに、価値観や大切にしていきたいものは変わっていきます。地位や名誉、という形のあるものから、自分自身の心を満たすもの、と言った様に形なきものに真価を見いだしていくのかも。

気持ち的なこと

「若い今は良いけれど……、年をとって一人身は寂しくないか??」
お金や仕事だけじゃない、やはりメンタル的にも一人で生きるのは寂しいのではないか? と、不安になっている人もいますよね。

ただ、「自分は一生独身でいるのかもしれない」と考えるアラサー女性達は、恋愛下手だったり、男性に対しての不信感を持っていたり、「寂しいけれどだからといって男性に頼って生きていきたくはない」という考えを持った人が多いんですよね。

なので、寂しいことの解決案が、イコール男性、にはならないわけで。(もし、男性にそばにいてほしいなら、そういうパートナーを大至急見つけましょう 笑)

例えば今、シェアハウスが増えています。そして、このシェアハウスという概念は、まさに今のアラサー世代から下の世代の常識です。「他人と暮らすこと」に対して、抵抗がない人が増えて来ている時代なので、20年後には50代、60代、70代向けのシェアハウスが増えているかもしれません。

シェアハウスではなくても、誰かがいる空間で一緒に楽しく年をとっていく、という発想はこれからもっともっと増えていけば良いなと思います。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? 筆者自身も将来のことを考えて色々と不安になることは多いので、今回の記事を書くのに同世代の女性達の色々な考えが聞けて勉強になりました。

筆者個人的には、結婚したいのに出来ないだけなので(苦笑)、早く旦那さんを見つけよう! という結論に達しました! 皆様はどう考えますか? ご参考までに!

Written by ヒナタ

関連キーワード

KEYWORDS