出会いはあるのに…結婚できない女子が失ってしまったものとは?

DOKUJOをご覧の皆さんの周囲でも、結婚ブームってありませんでしたか?

私は過去に2回ほど結婚ブームに巻き込まれたことがあります。

一度目が20代半ば頃。学生時代に知り合ったカップルが長く付き合った末にゴールインすることが多かった時期です。

そして二度目が30歳前後。最初から結婚を意識して出会いを探し、一年程度付き合って結婚するというパターン。

さて、そんな中で結婚ブームに乗っかることができなかったビッチちゃんがいます。

出会いはあり、性生活も豊かなビッチちゃんたちですが、なぜ結婚には結びつかないのでしょうか?

◆不倫にハマったタラレバ娘の恋愛は……

女性の場合、個人差はあれど出産できる時期に限りがあるため、「○○歳までに産みたい」というところから逆算して付き合ったり結婚したりしている人は少なくないと思います。

そんな理由で、前述の結婚ブームが起きたり、出産のタイミングが重なったりするのでしょうね。

「20代の頃は、好きになればどんな相手に対しても『この人とならうまくいくかも……』と幻想を抱いていました。よく言えば、好きな人はみんな魅力的に見えたんです。

でも実際にはそんなことなくて、ちゃんと働かないとか、女癖が悪いとか、悪いところがだんだん見えてくる。そんなときに他の人に目が向いて、また幻想を抱いて……自分が変なフィルターを通して男性を見てたんだということに気づいのは、30歳を過ぎてからでした

そう語るのは、Rちゃん(30代前半)。

最近テレビでもお馴染みのタラレバを繰り返して、気づいた頃には……という状態のよう。

「20代半ばの時期に不倫をしていたというのも、婚期を逃した理由のひとつかもしれません。普通の女の子がちゃんと恋愛をしている時期に、出口のない恋愛にのめりこんでしまいました。今思えば、そのときが一番モテただろうに……。

結局不倫する男性って、離婚する気なんてないですよね。彼とはまだ連絡をとりあっていますが、この間3人目の子供が生まれたみたいです」

◆必要なのはトキメキではなく実利!

また、Kちゃん(30代半ば)はキープ中の彼氏がいるものの、性には積極的な女性。

彼氏は真面目で仕事も安定しており、結婚するにはいい人材らしいのですが、まだ今後のことをハッキリさせてくれないようです。

「昔よりもイケメンにときめかなくなってきました。それよりも、コミュニケーション能力が高いとか、ちょっといいお店に連れて行ってくれたりとか、セックスが上手いとか、自分にとってメリットのある人と付き合いたいなと思うようになりましたね。彼氏はいるから、セフレとして付き合うなら自分がいい思いできる相手がいいなって

見返りを求めずに付き合っていけるのが彼氏だとするなら、実利を求めて付き合うのがセフレ、というのが彼女の流儀のようです。

「昔はイケメンも好きだったんです。見た目がいいと多少のことも目がつむれるじゃないですか。でもそれは彼氏だったらの話。セフレの見た目って私にとっての優先順位はかなり低いです」

結婚していないビッチちゃんたちにも、異性との出会い自体はあるのです。

30歳を過ぎた彼女たちに一番変化があったのは、男性に対して過度な期待をしたり、自分のイメージを押し付けたりすることがなくなったということ。

決して相手がいないわけではなく、自分自身の”男性に対しての見方”が変わったのでしょう。

つまり、出会いが減ったわけではなく、結婚できないと嘆く女子はときめくことが減ってしまったのです。

結婚にはもちろん相手と自分とのタイミングがあうことが一番重要だと思います。ですが、その前に自分自身の変化を見つめ直してみることが、今の私たちの世代には必要なのかもしれません。

文・田口桃子
女性向け動画サイトGIRL’S CHプロデューサー。女性メディアDOKUJOで「となりのビッチちゃん」連載中。性に対して前向きな女性を「ビッチちゃん」と呼び、普段あまり取り上げられない彼女たちのライフスタイルを世に広めることで日本のタブーに挑戦している。「となりのビッチちゃん Vol.1 – 女性向け動画サイトプロデューサーが語る、女子の最新「夜事情」とは?」