こりゃウザい! 振られたときに「○○してくる」女性

振られたとき、相手をあきらめきれず、行動に移してしまった経験はありませんか? 実はその行動、相手を困らせてしまっていたかも……。

今回は、男性がウザいと感じる、女性の振られたときの困った行動をまとめてみました! これから告白をしようとしていたあなたも、過去に振られた経験があるあなたも要チェックです!

iStock-628134596_R

「ずっと好きでいていい?」といってくる

好きな相手を諦めきれない気持ちはわかりますが、振られてもなお相手に「ずっと好き」アピールをするのはNG。このセリフは好意のある女性にいわれてこそ、胸がキュンとするセリフです。

1度自分が振った相手から、いわれてもただただ答えに困ってしまいます。むしろ、その重さにドン引きしてしまう男性もいるのだとか。もちろん、彼を大好きな気持ちを最後まで伝えたい気持ちもわからなくはありませんが、そのタイミングは振られた直後では意味がないでしょう。

本気で振った相手に「ずっと好きでいていい?」といわれると、ウザいと感じる男性も少なくありません。

号泣しながらすがってくる

振った相手に「どうして? 私じゃダメなの?」といわれても本人は困るだけ。振られたときは感情的にならないで、1度気持ちを整理してみましょう。たしかに、振られて気持ちが興奮して我を忘れてしまうのはわかります。でも、振った相手もあなたを振ることになかなか勇気がいったのではないでしょうか。

なのに、振られたときに自分のことしか考えず号泣したり、すがりついたりするのは相手にとってはちょっとウザい行動なのです。とくに「嫌いなところ治すから!」「なんでも言う通りにするから!」など投げやりにすがるのは逆効果。振られたときにこんな行動をとってしまっては、ただただ相手を困らせてしまうだけになりますよ。

メール、電話など連絡をしつこくしてくる

振られたときは落ち着いていたのに、時間が経ってから相手に考え直してもらおうと連絡するのは実は逆効果。カップルだと振られたときはショックで、片想いなら告白した勇気が砕け散り意気消沈などで、振られた直後は案外あっさり引き下がってしまうものです。

ですが、思い返してみると「どうしても納得できない!」と気持ちが高まり、どうしてももう1度話し合いたいと連絡をしつこくしてしまっては、相手を困らせてしまいますよ。振った相手にとって、振った相手からの「やっぱり好きなの……」といった連絡はウザいだけ。

逆に「どうしてわかってくれないのだろう」と男性を困らせてしまうのです。振られたとき、どうしても納得のできないのなら、しつこい連絡よりも時間をおいてもう1度告白した方が効果的になりますよ。

まとめ

振られたときは、すぐに行動にうつすより時間をおいてから行動した方が、相手を困らせなくてすみます。なぜなら振られた側と同じく振った側も、その直後は気持ちが高まっている状況。今はどうしてもあなたと付き合うことは考えられないのです。

そんな状況に号泣されたり、すがられたり、ずっとあきらめないと宣言されてはちょっとウザいと思われるのも、なんだか納得できますよね。告白はタイミングが大切。あなたにとって彼にとってベストなタイミングがあれば、振られてももう1度告白にチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

Written by h103