デートでは要注意!彼に嫌われないための「携帯電話・スマホのマナー」

日々の生活や仕事に欠かせない携帯電話・スマートフォン。電話帳やスケジュール帳、カメラやアルバムも、手のひらに収まる小さな携帯に全て凝縮されるようになりましたね。そのため、大切な彼とのデートの時さえ肌身離さず持っていないと不安を感じ、彼の話も上の空・・・の状態になっていませんか?今回は、デートの時に気をつけたいマナーについてお伝えします。

身体の一部にしないこと

普段仕事で携帯電話をよく使う方にありがちですが、デートの時は首から下げたり、ショルダーバックのように肩から下げたりするのはやめましょう。ビジネスシーンが思い出され、あわただしく、いつも何かに気を取られているような印象を与えがちです。
テーブルの上の携帯電話のイメージ

テーブルの上に置いておかないこと

食事中やお茶をする時、テーブルの上に必ず携帯を置いていませんか?いつメールがくるのか、いつ電話がかかってくるのか、他の誰かと連絡を取っているのか・・・と彼に余計な心配をかける恐れがあります。
携帯電話のマナーの悪いイメージ

マナーモードにしてれば大丈夫?

まさかデート中に、マナーモードにしていない!なんて方はいないと思いますが、マナーモードの振動は静かな場所では意外に相手に伝わります。バックの中でずっとブルブルしているのに放置していると、「あれ、僕の前だと出られない電話なのかな」なんて、疑われる事も。

デートでお茶や食事をする際は、サイレントモードにしておくのがベター。お化粧室に立ったタイミングにチェックし、食事中は彼との時間に集中しましょう。

もしマナーモードにしておく際は、バックの中でハンカチやハンドタオルに包んでおくと、バイブの振動が伝わりにくくなります。

メールなどをする時は一言添えて

楽しいドライブデート。車の助手席に座って、ここぞとばかりにメールチェックをしていませんか?彼はせっかくあなたのために運転をしてくれているのですから、ここでもチェックはできるだけ我慢!会話を楽しんだり、彼の好きな曲をセレクトしたりと気を使いたいもの。

緊急で連絡をしなければいけない時は、「ごめんなさい、仕事のメールを一件返信しても良い?」と一言、声をかけるだけで、印象が全く変わります。
食事の写メを撮るイメージ

何でもかんでも写メは控えましょう

ステキなレストランでコースをいただく時、料理が運ばれてくる度、様々なアングルで写メ!そしてそのままSNSに投稿。とてもよく見る光景です。ですが、その都度会話が途切れ、あたたかいものもすぐに食べられず、取り残された彼の気持ちを考えましょう。

美しいお皿を想い出に残したい気持ちは分かりますが、料理は是非、目と口で楽しみ、彼との時間を大切にしたいものです。

おわりに

今や必須アイテムとなった携帯電話やスマートフォン。とても便利だからこそ、いつも頼りがちになりますが、大好きな彼とのデートの時は、二人きりの時間に集中しましょう。思い切って電源をオフにするのも手です。彼はあなたといる時間は、自分のことだけを見て、自分の事だけを考えていて欲しい、と思っているはず。僕だけの、可愛い彼女になってあげてくださいね!
Photo by fotolia