え、コレだけ!?年齢に関係なく愛される人のたった1つの習慣

時々、人と自分を見比べてしまうことがある。そんな時に感じるのは「なぜ、あの人はあんなに愛されるのだろう」。学歴でもなく、ルックスでもなく、収入でもなく、もちろん年齢でもない。そういうもので比べられない愛される方法があるとすれば、知りたいですよね。今回は年齢に関係なく愛される人がしている!たった一つの習慣についてご紹介いたします。

他人を愛するイメージ

愛される人は“人を愛している”

恋愛でも仕事でも友人関係でも。どんな時でも、どんな立場でも愛される人はいます。なぜか人の輪の中心に入り、皆が声をかけて集まってくる人。彼女達は愛されることによりも大切にしていることがあったのです。

それが「人を愛すること」です。自分がどれだけ愛されているのかなんて彼女達はどうでも良い。それよりも、目の前の人の魅力を見出し、喜んでくれることを常に考えています。
友達のイメージ

愛される人がしているたった一つの習慣

愛されてる人がしているたった一つの習慣、それは“人に感謝”することです。どんな時でも、今の自分があるのは応援してくれる家族や友人のおかげだと、常日頃から言葉にしています。

私は仕事柄、数多くの人と出逢うことがありますが、必ずといって人を惹きつける魅力を持つ人は「私なんか、そんなスゴくないですよ~!私よりも私を支えてくれた周りの人がスゴイんです。」と100%の素直な気持ちで言えてしまうのです。

彼女達は偽善でもなく、純粋に「誰かのおかげで」という気持ちを忘れない習慣を身につけています。

愛される人には愛される理由がある

コミュニケーションが上手、愛らしい、笑顔が素敵など人に愛される人は数々の特徴を持っていますが、それを表面的に真似してなぞらえても意味がありません。それよりも、もっと根本たる考えを持つことが大事。

「健康に生きられたのは育ててくれた両親のおかげ」、「仕事が楽しいのは同僚のおかげ」このように自分がいかに素晴らしいかではなく、他人がいかに素晴らしいかに気づける人こそ、愛される人なのでしょう。
Photo by fotolia

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…