ケンカ別れは最悪! 仲直りするときに、彼女ができること3つ

好きで付き合っていたはずなのに、ささいなケンカが発端で、お互い謝れずにケンカ別れになってしまったら悲しいですよね。仲直りのためには、なにが大切なのでしょうか。男性がつい許してしまう、彼女ができる仲直りの方法3つをご紹介しましょう。

 

とにかく心から謝ることが大切! 余計な一言には気をつけて

自分が悪かったのならもちろん、彼と仲直りしたいなら、とにかくこちらが謝ることが大切。男性にはプライドが高く、自分から謝れない、引き下がれないという人も少なくありません。そんな高いプライドの山をやさしく崩すように、彼女から「ごめんね。私が悪かった。」と謝ってきたら、男性側も素直に自分も悪かったと思えるもの。

自分は悪くない! というときでも、ケンカをしたときは、双方が悪かった部分もどこかにあるはず。相手を責めるような言葉は使わないように注意しましょう。謝るときには、「でも、○○君もこうするべきだったよね?」と相手の怒りに火をつけるような一言に気をつけて。あくまで、自分のほうが悪かった、といったほうが、相手の謝罪も引きだせるものなのです。

彼の好きな料理を用意して沈んだ気持ちを盛りあげよう

「ごめんね」の謝罪をしても、よどんだ雰囲気のままになってしまう、ということもありますよね。無理に出かけたり、元気づけるように明るく振る舞ったりすると空回りしてしまうこともあるので、ここはシンプルに彼の好きな料理でもてなしてみてはいかがでしょう?

お食事中の自然な会話で、お互いの不穏な空気も少しずつなくなっていくはずです。男性的には、好きな料理を食べられるからというよりも彼女の気遣いが心に響くようです。

ケンカしていても彼女のおちゃめなところにキュンとくる

なかなか謝れないときや、謝ったのにケンカする前の空気に戻らないというときには、SNSやメールのスタンプも活用してみて。

たとえば、感情を表現するかわいいスタンプがおすすめです。うるっとした表情のスタンプや、ちょっとクスッとくるようなスタンプ、特に動物系のスタンプが効果的です。かわいい表情+彼女の気持ちも伝わってきて、ついつい許してしまう男性も多いようですよ。

彼も悪かった! なんて思うところもあるかもしれませんが、プライドの高い男性と仲直りするには、自分から折れることも大切。まずは謝ることを第一に。あくまでも、自分が悪かったというスタンスで、彼からの謝罪を引きだすとうまくいきますよ。手料理やメールなどフォローも忘れずに。

関連キーワード

KEYWORDS