やめたらモテ期到来!? アラサー女子が卒業したいこと

30歳という年齢は、人生の節目のイメージがありますよね。若さと勢いで乗り切ってきた20代とは違って、結婚も将来もより現実的に向き合わなければいけない年頃です。

どことなく妙なプレッシャーも感じる年齢ですが、始めたいことが見つからない人は、まずは「これをやめたい」ということを実践してみると、気持ちのいいアラサー世代のスタートを切れるかも。

今回は30歳をきっかけに女子が卒業したいことを調査してみましたのでご紹介します。

◆「きちんとした」ライフスタイルに切り替え

思い切って卒業したいことを周囲に聞いてみました。

「夜型の生活。どうにかしたいです。仕事柄仕方ないと言い訳にしてましたが、30になったら体が追いついていかないと思うので」(28歳/デザイナー)

「衝動買いとやけ食い。『財布にも体にも悪いし……』といい加減、自覚してきたから。でもこれが私なりのストレス解消法なので、なかなかやめるのが難しそうですけど」(29歳/製造)

どちらも生活習慣を改めたいという意見。やっぱり人は体が資本ですので、30歳を目前にして健康を気にする女性は多いようですね。

◆「お決まりの恋愛観」に縛られたくない!?

さらに恋愛については、こんな意見も集まりました。

「同年代狙いだけじゃなくて、かなり年上も狙っていく。恋愛対象を年齢で決めると、いい出会いを逃す気がして。友だちも先日、13歳も年の差の男性と結婚したんです」(29歳/広告)

「恋愛対象の年齢を無くしたい。年上好きの女性って多いですけど、意外と年下男性ってアラサーも恋愛対象に入ること多いんですよね」(28歳/メーカー)

恋愛対象の年齢を広げる、というのはなかなか興味深い意見かも。30にもなると、ついつい結婚に焦りがちですが、自分の恋愛観をどう見直すかによっては、結婚の可能性も大いに変わってくるかもしれません。

◆「負の連鎖」を断ち切るのに30歳は丁度いい年頃?

では、実際にアラサー世代はどう思っているのでしょうか。リアル30代の女性の声をリサーチしてみました。

「タバコを30になってから、キッパリやめたんですよね。タバコを吸う女はモテないって言いますけど、心なしか職場の男性から声をかけられる機会が増えた気がします。多分、タバコの匂いが体から消えたからかな」(31歳/公務)

「当時、付き合っていた彼に部屋を見られて、『いつもこうなの?』と幻滅された私。以来、物を溜める貧乏癖を卒業しました。着ない服は全部処分したので、いまの自分に合った服を買うようになってから、上司のウケも前より良くなりましたよ」(30歳/SE)

30歳になったからといって、なにか自分に特別な変化が起きるわけではなさそう。ですが、30という節目で気持ちをどうリセットするかで、今までの自分とは違った魅力を引き出すことができるかもしれません。

これを見ているあなたは、30歳にどんなことを卒業したいですか?