【夢占い】火事の夢は、どんな意味?

誰もが日々の眠りの中で、夢を見ています。夢は私たちが日常では意識できていない深層心理を、シンボリックな形や表現で映し出すといわれています。夢は自らを振り返る「気付き」を促してくれるのです。それゆえ、夢は占いに発展していきました。

夢を使った占いの歴史は古く、古代メソポタミアや古代エジプトでも行われていたそうです。当時から、夢には未来の予言が含まれていると考えられていたからにほかなりません。夢の意味を知ることは、未来に備えることになります。

今回は、「火事」が夢に出てきた場合をみていきます。基本的に火事の夢というのは、多くの場合は逆夢で良いことを暗示していますが、例外もあります。以下でさらに具体的に紹介していきましょう。

火が勢いよく燃えている夢・火が燃え移る夢・山火事など手がつけられない大火事の夢

火が勢いよく燃えている夢

火事になり、勢いよく燃えている夢を見たら、あなたの中のエネルギーや気力が高まり、自信に満ちていきます。あなたが、とても意欲的になっている証拠なので、恋に仕事に積極的に行動していくことで、より運勢を上げていくことができるでしょう。さまざまなチャンスにも恵まれるはずです。

火が燃え移る夢

火が次々と隣の建物などに燃え移っていく夢は、あなたの心が少し暴走気味になっているという暗示です。なので、落ち着いて考える時間が、今は必要だということ。何かやりたいとか、誰かに言いたいと思うことがあっても、それは保留にしましょう。

山火事など手がつけられない大火事の夢

山火事など、広大な範囲に火が燃えている大火事の夢は、吉夢です。あなたの運気が上昇しているので、仕事でも、恋愛でも大きな成果を出すことができるでしょう。あなたの中で、強いエネルギーがふつふつとわいているのです。

自分が燃える夢・火事の焼け跡を見る夢・火事を消す夢

自分が燃える夢

火事の火があなたの体に燃え移る夢は、あまり良い夢ではありません。今後身に降りかかるトラブルの警告です。この夢を見たら、事故や急病に気を付けましょう。くれぐれも危険な場所へは近づかないことが大切です。

火事の焼け跡を見る夢

火が沈下し、焼け跡を見つめている夢は、あなたの情熱が燃え尽きてしまったことを意味しています。恋愛にも仕事にも、注ぐエネルギーが残っていません。しばらくは、おとなしく過ごし、エネルギーを充電する必要があります。

火事を消す夢

あなたが火事の火を消す夢は、何かをやりたい衝動を、あなたが必死に抑えていることを示しています。もしかしたら、恋愛などにハマり過ぎて、仕事などやるべきことをおろそかにしているのかもしれません。今何を優先してやるべきか、冷静に考えてみましょう。

火事で火傷をする夢・火事で車が燃えている夢

火事で火傷をする夢

火事で火傷をする夢は、吉夢です。仕事や学業での成功などを暗示していますので、あなたは幸運に恵まれるでしょう。自分の才能を発揮して、自らの手で夢をつかみとれる勢いがあります。なので、きっと何かうれしいニュースが飛び込んでくるはずです。

火事で車が燃えている夢

車が燃えている夢は、吉夢です。あなたの中に秘められたパワーが、良い方向へと発揮されていく暗示です。この夢を見たら、あなたの可能性が広がるようなことをしてみましょう。たとえば、賞への応募、資格試験へのチャレンジなどはオススメです。

 

おわりに

夢の内容は、自分自身の意識に大きく左右されます。火事の夢が見たいとはあまり思わないでしょうけれど、もし火事の夢を見たら、どんなシチュエーションだったかをよく覚えておいて、上記をぜひ参考にしてみてください。

ただ、夢はすぐに忘れてしまいやすいもの。そのために、夢日記をつけることをおすすめします。枕元にノートとペンを置き、見た夢を覚えているうちに、書き留めるくせをつけるようにするといいでしょう。

 

Written by 紅たき

関連キーワード

KEYWORDS