占いで見る恋愛運気! 好きな人と結ばれるのに最適な時期は〇〇

筆者は占い師としても活動していますが、占星術で見ますと、幸運の星といわれる木星は現在、天秤座を運行しています。木星が天秤座にあると、社交面や人間関係が活性化して、恋愛も進展しやすくなります。片想いが成就したり、結婚が実現しやすかったりするでしょう。

そんな星の運気の流れには、可能な限り乗ったほうが良いといえます。何となく日々を過ごせば、叶う恋も叶わず、結婚のチャンスも見逃すかもしれません。

しかも、木星は約1年で星座を移動していきます。2017年10月には、天秤座を出て蠍座に入っていくのです。好きな人との関係をより深めるには、これからの数ヶ月が勝負となるでしょう。

木星が天秤座にあるということ

木星は幸福をもたらしてくれる大吉星です。発展、拡大、成長といった意味を持つので、木星が位置する星座によって、世の中にもたらされる幸せの傾向も変わります。

昨年の9月から、木星は天秤座に入り、人付き合いや男女関係が活発化の傾向にあります。天秤座の象徴、社交性を恋愛に活かせば、恋も進展しやすいはず。尻込みしないで、アプローチしたり、出会いの場へ足を運んだりしてみましょう。ながい春が続いている人は、本腰を入れて恋人に結婚をアピールしてみては?

ただ、天秤座の木星が人の縁に揺さぶりをかけるのは、結ばれることだけじゃありません。破局や離婚といった別れを引き起こす場合もあるんです。腐れ縁や利害関係によって一緒にいるだけの男女は、良い意味で訣別(けつべつ)を選ぶことになりそうです。

色々な決断を迫られるかもしれませんが、10月までは曖昧に保留しないで、キチンと答えを出したほうが良さそうです。そうしないと、木星が蠍座に入った後で、困るかもしれません。

蠍座の木星がもたらすもの

木星は2017年の10月に蠍座へ入りますが、蠍座は無意識の意識、探究などを象徴し、物事を深く掘り下げていくことを促します。つまり、とてもざっくりした表現をすると、天秤座木星期に出会ったり、結ばれたりして、蠍座木星期に絆を深めていく、という運気の流れがあるんですね。

また、蠍座は「深く狭く」の傾向があり、天秤座ほどの社交、公の付き合いは期待できないはず。幅広い出会いを求めるなら、2017年10月までに活動するのが良いですし、同時期までに頑張れば、本命彼女や妻に認めてもらいやすいでしょう。

木星が蠍座へ入った後でも恋の進展は不可能じゃありませんが、身体の付き合いが先行して曖昧な関係になったり、相手と深く心は通じ合っても、不倫や三角関係に陥ったりすることが多くなります。

ですので、木星の蠍座入りまでに自分の想いを成就させたなら、好きな人との間にはしっかりとした愛と信頼が結ばれるでしょう。蠍座にはセックスの象徴もあるため、心身ともに満たされる恋ができるはずです。

占いとは、結局……

占いを「そうなる運命」と、丸ごと信じる必要はありません。良くない運気も必ずありますが、それは逃れられないものではないんです。

だって、道を歩いていて向こうから車が走ってきたら、脇へ寄りますよね。ぶつかったら危ないと、危険を回避するはずです。それと同じで、不運に見舞われそうだとわかったら、どうすれば避けられるのか、最小に被害を抑えられるのかを考えることが大事です。

占いとはつまり、転ばぬ先の杖を得るものだということ。運命はある程度決まっているにせよ、最終的にどうするかは、個人の自由です。またそうすることで、占いに過剰に縛られることなく、上手に恋や結婚に活用できるでしょう。

 

Written by 沙木貴咲