左手薬指をチェック…….! アラサーになってから始まった言動5選

年齢を重ねていけば、それに応じていろいろな変化がでてくるものです。アラサーになったとき、今までしなかったことをするようになったという女性もいるでしょう。今回は、アラサーになってから始まった言動を独身女性に聞いてみました。

気になる男性の左手薬指をチェックする

「素敵な男性に出会うと、結婚しているかどうか確認するために左手薬指を見てしまいます。とはいえ、素敵な男性はたいてい指輪をしているんですよね……。指輪がなくても安心できませんけれど、まずはひとつの目安として左手薬指チェックは欠かせません」(28歳/飲食)

これは結婚願望のある独身アラサーあるある話ではないでしょうか。恋愛対象になりそうな男性がいれば、結婚や恋人の有無はかなり気になるところ。フリーであることを願いながら見てしまいそうです。

嫌な女性の左手薬指をチェックする

「性格が悪く嫌な女性と出会うと、すぐさまその女性の左手薬指をチェック。もしも指輪があったら『こんな女性がどうして結婚できたの!?』と思ってしまう。敗北感に襲われるため女性の指輪チェックはやめたいんですけれど……」(33歳/介護)

結婚できなさそうと思えるくらい残念な感じの女性は確かにいます。そんな女性が指輪をしていたら「私はまだ独身なのに……もしかして負けた?」と考えてしまうかも。結婚はご縁の問題もありますので、あまり気にしないようにしてほしいです。

「結婚は?」の返事を用意する

「周囲からやたら『結婚はどうするの?』『いい人いないの?』などの質問がくるようになったため、そのとき用の返事を用意するようになりました。特に親戚の集まりがあるときは状況に応じて応えられるよう、バリエーション豊かに返事を揃えていますね」(31歳/運輸)

独身アラサー女子にとって面倒な質問上位は結婚に関することだと思います。あれやこれやとしつこく聞いてくる人もいて困るもの。いろいろな人から何度も聞かれそうな質問ですし、事前に返事を用意しておくと便利でいいですね。

「若い子は」と言いそうになる

「20代前半くらいの同僚をみていると、とにかく若く見えてしまって。ついつい『若い子はいいね』『最近の若い子は……』という言葉がでそうになり、慌てて口をつぐみます。これを言ったら一気に年寄りくさくなりそう……」(30歳/小売り)

「若い子は」と言い始めたら、説教臭くなったり自虐的になったりしそう。自分が相手と同じ年齢だったころ、年上から「若い子は」と言われて気分はよくなかったはず。言わないように心がけておきたいですね。また、「平成生まれ」に敏感になるのもよくなさそうです。

老後のお金について調べる

「結婚できるかどうか不安になったため、一生涯独身だったときのための老後のお金について調べるようになりました。雑誌やインターネットの記事でそういう特集があれば読んでしまいますね。老後を意識するなんて、まだまだ先だと思っていました」(33歳/飲食)

ある程度の年齢までお一人様でいると、一生涯独身のときのことも頭によぎるよう。結婚するにせよ独身にせよ、老後にかかるお金についてはそろそろ興味がでてくると思います。親が老後と呼ばれる年齢になるため、親を見て自分の老後も気になり始めるということもあるでしょうね。

最後に

アラサーはもう立派な大人です。20代前半までの浮ついた心も、ある程度落ち着くのではないでしょうか。以前にはなかったこれらの変化は、大人になったことの証かもしれません。この変化に落ち込むのではなく、上手に受け入れていきたいものです。

 

Written by 神之れい