「俺の彼女です!」友達に自慢したくなる女性の特徴3つ

彼が男友達を前に「俺の彼女です」と自分の存在を誇らしげに自慢してくれる。そんなシチュエーションに憧れを持つ女性も多いのではないでしょうか。なにより、男友達に堂々と紹介されるということは、女性にとって彼の愛情を強く実感できる瞬間でもあります。そんな理想の彼女になるためにも、男性が思わず自慢したくなる女性の特徴を覚えておきましょう。
女性のイメージ

会話中はゆっくりと話す

話し方は、相手に与える自分の印象を大きく左右するポイントのひとつ。特にゆっくりと丁寧に話す女性は、相手に心地良さを与えるため、初対面から好印象を持ってもらえるのです。

また、ゆっくり話すことにより、育ちが良く、落ち着きを持つ女性というイメージも抱かれやすくなります。まさに男性が自慢したい理想の彼女像と言えるでしょう。

誰かと会話をするときは、普段からゆっくりと話すことを心がけましょう。相手に好印象を持たれる話し方ができると、彼も堂々と男友達に紹介することができます。

座っているときの姿勢が良い

男性が自慢したい彼女の特徴として、見た目のきれいさも挙げられます。ただ、このきれいさとは、「美人である」「スタイルが良い」といったことではありません。

男性が思わず自慢したくなるのは、常にきれいな姿勢を保つことができる女性です。そこで、日常の中では正しい姿勢にもこだわった生活を送るようにしましょう。

特に座り姿勢がきれいな女性は、育ちの良さを感じ、礼儀正しい人であるという印象を与えます。また、正しい姿勢を保つことにより、全体が美しく見えるので、見た目がきれいな女性として相手の目には映るのです。そのような彼女であれば、彼も思わず自慢したくなるはず。
男性と話すイメージ

「ごめんなさい」を適切に使える

恋愛だけに限らず、人間関係の中では「ごめんなさい」よりも「ありがとう」を積極的に使った方が好感を持たれます。しかし、実は「ごめんなさい」の一言を使って相手に好感を与える方法も存在するのです。そこで、これからは「ごめんなさい」を使う適切な場面を見極められるようにしましょう。

たとえば、相手との会話中に電話がかかってきたら「ちょっとごめんなさい」と一言声をかけてから離れる。また、相手が小さな気遣いを見せてくれたら「気がつかなくてごめんなさい、ありがとう」と感謝の気持ちと共に伝える。
このように適切な場面で相手を気遣う「ごめんなさい」が使えると、気遣い上手な女性として見てもらえます。彼も安心して男友達に彼女を合わせることができるのではないでしょうか。

自慢したい理想の彼女像を目指そう

彼から自慢してもらえる彼女になるためには、まず、日々の振る舞いを意識することが大切。誰からも好印象を持たれ、小さな気遣いができる振る舞いを意識していれば、自然と男性が自慢したい理想の彼女像になることができます。

きっと、そんな彼女の一面を知れば、彼にも「最高の彼女がいることを友達に自慢したい」という欲求が生まれるはず。
Photo by fotolia

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…