幼いころの写真にドキッ!男性から好印象をもたれる大人女性のSNSアイコン

SNSを開くと、真っ先に目に飛び込んでくるプロフィール画面。その中でも特に印象に残りやすいのが、プロフィール画面に設定されたSNSアイコンの写真。その人がどのような人物かを表す重要な部分でもあるからこそ、好印象を持たれる写真を設定したいのではないでしょうか。そこで今回は、男性から好印象をもたれる大人女性のSNSアイコンについてご紹介いたします。
子どもの頃のイメージ

子ども時代の自分の写真

SNSのプロフィール画面では、多くの人が今現在の自分の写真を選び、アイコンとして設定しています。そこで、他の女性と差をつけるためにも、あえて子ども時代の自分の写真をアイコンにしてみてはどうでしょうか。

子ども時代の写真というのは、見ている人を癒し、笑顔にさせる効果があります。多くの女性が自身のキメ顔写真をアイコンに設定している中、子ども時代の写真をアイコンに使えば、男性の印象にだって残りやすいでしょう。

なにより、その女性の幼い頃という普段は知ることができない一面を見られたことにより、自然と距離が近づいたような錯覚に陥ります。「彼女のことを知ることができた」という優越感が男性に恋愛感情を生むきっかけを与えてくれるのです。

自然の中で撮影した写真

海や山など、自然には人を癒す効果があります。そのため、自然の中で撮影した自分の写真をSNSアイコンとして使うと、見ている男性に癒しを与えることができるのです。

また、自然という広大な景色の中にいる様子は、無意識のうちにそこに写る女性も広い心を持ち、明るい性格であるという印象を与えます。

旅先で撮った写真をアイコンにする女性も多くいますが、もし、男性からの印象を意識するのであれば、広大な自然の中で撮った1枚を使うようにしましょう。自己顕示欲の強さが丸見えのおしゃれ飲食店での写真や、海外でのセレブ風写真と違い、目にした男性から好印象を抱いてもらえるはずです。
笑顔のイメージ

満面の笑みを見せた写真

多くの男性は、女性の笑顔に弱いと昔から言われます。そのため、SNSアイコンでも満面の笑みを見せた写真が多くの男性から好印象を抱かれるのです。
自分ひとりの写真をアイコンに設定するときは、満面の笑みを浮かべている写真を選ぶようにしましょう。特に誰かが不意打ちで撮ったような笑顔写真は、男性からの好感度大! その女性の普段の姿がよくわかるため、見ているだけで親近感を抱くのです。

実際に会っているときと同様、SNSの中でも笑顔を絶やさない女性という印象を持たれることができれば、周りの男性からも好感を抱いてもらうことができるはず。

SNSアイコンは数秒で自分の印象を変える

たった数秒で自分の印象を大きく左右してしまうSNSアイコン。どのような写真を設定しているかにより、周りの男性の見る目も変わってきます。

実際に会ったときはもちろん、SNSの中でも魅力的な女性として見られるように、アイコンは自分の良さを大いにアピールできる写真を選ぶようにしましょう。それが今後の恋愛につながる可能性だってあるはずですよ。
Photo by fotolia