相手との関係別攻略法!GWを口実に気になる彼と距離を近づける方法

ゴールデンウィークって、実は恋愛のチャンスが山ほど転がっている時期でもあります。その理由のひとつが、長期休暇によって生まれる心の余裕から、お誘いの成功率があがりやすいという点。普段は自分からお誘いしにくい相手であれ、ゴールデンウィークという名の口実を使えば、意外とあっさりOKがもらえ、簡単にデートの約束をとりつけることができるのです。

そこで今回は、ゴールデンウィーク中に気になる男性との距離を近づける方法について、彼との関係別に攻略法をご紹介いたします。

◆職場の同僚男性には“『○○会』を提案する”

同じ職場で働く同僚男性との共通点と言えば、仕事。一見、恋愛とは無関係に思えるものですが、実はうまく利用すれば、ゴールデンウィークに彼を誘い出す口実になるのです。

そのためにも、まずはゴールデンウィーク前に彼と職場で接する時間を多くつくるようにしましょう。一緒に大きな仕事を協力して終わらせたり、はたまた、お互いの仕事を手伝い合ったりするなど、何かひとつでも同じ仕事をこなすという時間をつくっておくのです。

すると、ゴールデンウィーク前に仕事を終えたことに対する『ご褒美会』『お疲れ様会』を提案し、食事に誘えるという口実が生まれます。同時に人は大きな仕事を終えると気持ちにも余裕が生まれるため、普段なら食事の誘いにのらない彼があっさりOKを出してくれる可能性も高いのです。

また、“二人でひとつの仕事をこなす”という流れは、職場恋愛が生まれるきっかけにもなりやすい出来事です。二人で共同作業を終えたことにより、その連帯感から親近感が生まれることでしょう。お互いを労う食事会においても、自然と会話が進み、彼との距離もぐっと近づくはずです。

◆仲の良い男友達には“幹事の協力をお願いする”

多くの人が長期の休暇をとるゴールデンウィークは、周りの友人とも都合を合わせやすく、大勢で集まるには打ってつけの時期。とはいえ、大勢が集まり何かを行うには、必ず幹事ポジションとなる人が必要となってきます。

そこで、気になる相手が仲の良い男友達である場合は、二人で幹事役をすることを提案してみましょう。

イベントの内容は、飲み会、キャンプ、BBQなど大勢が集まれる企画であれば、どのような内容でも構いません。そして、何かひとつ大きなイベントを計画すれば、人数集めやお店等の予約を通して、彼と必然的に連絡をとる機会が増えます。また、そこで大きな働きを見せることができれば、彼から気遣い上手な女性として見てもらえる可能性もあるでしょう。

なにより、何日も前から計画を立て、それを実行にうつす幹事ポジションは、周りから感謝される立場でもあります。「二人が幹事をしてくれて助かった」「すてきな集まりをありがとう」など、友人たちから嬉しい言葉をかけられることにより、彼があなたとまた一緒に何か計画したいと前向きな考えをもってくれるはず。

二人で幹事という役割をこなすことにより、ただの友達から関係を大きく進展させることができるのです

◆未練が残る元カレには“思い出の場所へと誘う”

自分から未練が残る元カレを誘うという行為は、遠まわしに復縁を迫るようなもの。そのため、女の意地やプライドから素直に元カレをお誘いできないという人も多いのでは?

でも、ご安心ください! お誘いをする口実が溢れているゴールデンウィークであれば、わざとらしい素振りを見せることなく、自然と元カレを誘い出すことができるのです。

特に効果的なのが、元カレと交際時に訪れたことのある思い出の場に誘うこと。多くの場合、定番のデートスポットでは長期連休時にイベント等が開催されています。

まずは、「昔二人で行った公園でイベントがあるんだけど一緒に行かない?」などの口実でお誘いをしましょう。そして、当日は一切復縁を匂わせることなく、純粋にイベントだけを楽しむ様子を彼に見せるのです。

すると、お誘いをされた時点で多少なり復縁を期待していた元カレも、純粋にイベントを楽しむあなたを見て、元カノの本心がわからなくなります。「復縁したいから誘ったんじゃないの?」「ただイベントに付き合ってくれる相手が欲しかっただけ?」と勘ぐることにより、元カノであるあなたの存在が気になり始めるのです。

なにより、過去に二人で訪れた場というのは、交際当時を鮮明に思い出すきっかけを与えます。ゴールデンウィークを口実に思い出の場に誘うことができれば、復縁のチャンスも自然と舞い込んでくるのです。

◆最近イイ感じの男性には“『○○限定』を口実に誘う”

ゴールデンウィーク中は、合コンや紹介で知り合った相手を始め、最近イイ感じである男性とのデートを取りつけやすいときでもあります。ただ、すでにイイ感じの関係であるなら、普段通りのデートに出かけるのではなく、これを機に関係が一気に進展するであろうデートプランを提案してみましょう。

たとえば、カップルがメインターゲットとなる“二人一組限定イベント”や、カップルばかりが訪れるであろう“定番のデートスポット”に彼を誘ってみるのです。「どうしてもこのイベント(スポット)に行きたいのだけど、ひとりでは参加できないから付き合ってほしい」とかわいくお願いをすれば、彼も照れつつ喜んで承諾してくれるはず。

そして、周りにカップルが多く集まる場に足を運ぶことにより、自然と自分たちもカップルであるかのような疑似恋人気分を味わえます。その雰囲気に流されることにより、友達以上恋人未満の関係から進めなかった二人に大きな変化が表れるでしょう。

また、カップル感覚で一緒に過ごせるため、普段よりも大胆なアプローチができたり、素直に彼に甘えたりすることだってできるはず。それが恋人という関係に進展するきっかけを生んでくれるのです。

◆ゴールデンウィークという名の口実を最大限利用しよう!

肉食女子という言葉が定着し、自分からアプローチをかける女性も珍しくなくなってきた昨今。とはいえ、中には恥じらいの気持ちから異性をお誘いすることができず、彼との関係がなかなか進展しない奥手女子だっているはず。

そのような女性は、ゴールデンウィークという名の大型連休を口実に気になる彼を誘ってみてはどうでしょうか。休暇やイベントという口実があれば、普段よりもお誘いのハードルは下がり、成功率もぐっとアップします。

なにより、非日常空間を共に過ごすことにより、彼との関係も今まで以上に近づくことでしょう。