恋に燃え尽きてしまった時の「自分立て直し術」

結婚まで考えた彼と破局したとか、絶対に彼氏にしたいと思った男性が自分以外の女性を選んだ、何ヵ月も婚活したのに成果がなかったなど、気力も体力も尽きてしまう時があります。

相手への思い入れや、気合いが入っている時ほど疲労が募り、再び新しい恋をする気にはすぐになれないでしょう。あるいは、灰のように燃え尽きると、恋愛だけでなく、仕事や交友関係にもやる気が起こらなくなるかもしれません。ため息ばかり出て、空しさに包まれるようでは、日常そのものが破綻しかねないのです。

恋に燃え尽きてしまった時、どうすれば心の立て直しができるんでしょうか?

まず休む

空虚感に包まれたり、動くのを億劫に感じたりするなら、精神がかなり疲弊しているといえます。疲れたらまず休むことが大事ですから、頭では「早く婚活しなくちゃ!」とか、「くすぶってたって仕方ない!」なんて思っても、ムリはしないようにしましょう。

好きな音楽を聴く、ゆっくりお風呂につかる、美味しいものを食べる、緑が多い静かな公園を歩くなど、自分がリラックスできることをして心を落ち着かせてください。

ただ、毎日泥酔するほどにお酒を飲むとか、寂しさを紛らわすためにワンナイトラブを繰り返す……ということはやめたほうが良いでしょう。自己嫌悪や罪悪感が生まれて、心はさらに乱れてしまうはず。

また、お酒に呑まれてしまうと、酔っ払った状態で元カレや男友達に電話をかけるかもしれません。そんなことをしては、新しい恋に向かうどころか、自分の評価を落とすだけになるでしょう。

自分の年齢・状況に応じて「再スタート」を決める

心が燃え尽きて疲れ切ったら、恋をお休みすればいいんですが、「どのくらい休むか」は決めたほうが良いといえます。特に、33歳を越えていて結婚を望むのであれば、長期の充電期間は後悔を生むだけ。

婚活をする上で、女性は若ければ若いほど有利ですから、自分の精神状態とも相談しつつ、できるだけ早い「復帰」を目指しましょう。

そして、元カレからひどい振られ方をして落ち込みが激しいとか、まだ20代半ばで結婚を焦る必要もない、などという場合は、趣味や仕事といった一人の時間を充実させると良いかもしれません。恋愛以外での頑張りが魅力をアップさせることは、多々あります。恋のお休み期間は、決してムダなものではないんです。

じっくり考えてから、行動!

悲しい失恋を経験するなら特に、新しい恋を求めるにあたって、「よく考える」ことが大事です。その場のノリ、お酒の勢い、といったものに流されて恋を始めても、心が満たされる恋愛はできないはず。

本当に幸せになりたいと思うなら、どんな男性を求めるのか、どういう出会いの場へ足を運ぶのかを吟味しましょう。

……怪しいネットの出会い系サイトには、怪しい男性しかいませんし、たとえば東京銀座で行われる異業種交流会には、それなりの肩書きを持つビジネスマンが集まるでしょうし……つまりはそういうことなのです。

さいごに

運気がぐんとアップする直前は、不運に見舞われやすいといいます。高くジャンプするには、膝を曲げて身を縮めながら踏ん張るのと同じで、ちょっと堪え忍ぶような出来事が起きやすいのです。

だから、悲しい恋を経験したなら、それを一瞬で忘れさせてくれる素敵な恋愛が待っていると考えてみましょう。そうすれば、燃え尽きた心も少しずつ潤い始めるはず。新しい恋を受け入れる準備がより早く整いますよ。

 

Written by 沙木貴咲