「私、一生涯独身でやっていけそう!」と思った瞬間5選

結婚して夫婦で支え合って生きていく。それはとても素敵なことです。自分のできないことは相手に頼り、相手にできないことは自分が代わりにやっていく。まさに支え合いです。

とはいえ大人として自立していくと、結婚して誰かに頼らずとも問題ないと思えてくるかもしれません。今回は、「私、一生涯独身でやっていけそう!」と思った瞬間を女性に聞いてみました。

たくさんの貯金がある

●「収入が多く物欲はないため、一人暮らしでもかなりの貯金があります。お給料はまだまだ上がっていくと思いますから、このままいくと老後のお金の心配がなくなるかも。結婚して経済的に支え合うよりも、独身でいるほうが楽になりそうです」(35歳/金融)

生きていくにはお金が必要ですね。最低限の生活とちょっとした潤いを求めるなら、ある程度の稼ぎと貯金は大切。収入が多くても貯金ゼロとなれば問題ですが、こちらの女性は貯金の能力もバッチリ。ここまでくると、お金目当ての男性が寄ってこないか注意したくなるかも。

一人でなんでもこなせる

●「部屋にゴキブリがでれば素手で処理しますし、日曜大工や電気の配線類などもある程度はできます。経済力や家事能力もそれなりにありますから、一人で生きていく分には何不自由ありません。結婚願望はありますが一人でいて困ったことはないので、独身でもやっていけるかなあと思います」(29歳/アパレル)

自分一人でなんでもこなせるのなら、誰かに頼るということもなさそう。いつか自分一人ではできないことができたとき、「やっぱり一生涯独身は無理かなあ」なんて思うことがでてくるかもしれませんね。部屋のゴキブリを退治できる、という点は日常生活で多いに役立ちそう。

おひとり様行動を楽しめる

●「誰かと過ごすことも楽しいですが、おひとり様行動も大好きです。ひとりで行動していて寂しいことなんて1度もありませんでした。一人を楽しめていると、誰かを恋しくなることもなかなかないんですよね」(32歳/飲食)

一人で過ごすことを苦痛に思う女性もいますが、こちらの女性は一人でも楽しめるとのこと。結婚は「誰かと一緒に過ごしていきたい」ということが動機となるときもあるため、一人で過ごせるならこの動機はでなさそう。独身でいるなら孤独に耐えなければいけない瞬間もでてくるはず。そうなると、一人が平気なのは強みになりますね。

友達が多く今も増え続けている

●「人との交流が好きで、あちこちに出かけて友達を作っています。その中には親友と呼べる人もできました。自分の居場所と言えるような心安らぐ友達も数名いるし、これからも増えると思う。人間関係さえ良好なら、独身でもやっていけそうだなぁと思った」(34歳/小売り)

一生涯独身となれば、パートナー以外の存在が重要となります。交友関係が一切ないとなれば、寂しい気持ちのまま孤独死を迎えるなんてことも……。友達が多く今も新しい出会いを増やす努力をしているのなら、一生の友達もきっとできるでしょう。そうなれば独身での老後も楽しく過ごせそう。老後、相手も独り身なら遊ぶ機会も増えそうですね。

最後に

独身でやっていけるくらいの能力があれば、結婚するとなったときも安心です。もしものときに備えてこれらの能力を保っておき、そして結婚願望があれば婚活もしていくとよさそうですね。

 

Written by 神之れい