外見や性格は関係ない! 「結婚できない女」本当の条件(トイアンナ)

こんにちは、トイアンナです。もしあなたが「結婚できない女」をイメージしろと言われたら、どんな方を想像しますか? 地味な外見? 性格が悪い?

でもアラサー女子ともなれば、それとは矛盾するように「美人なのにアラフォー未婚」「性格最悪な○○ちゃんがハイスペ男子と結婚」なんて事実を目の当たりにしてきたはずです。

これまで私も500人ほどにお話を伺ってきましたが、結婚できない女性に美醜は関係ありませんでした。安室奈美恵にそっくりの美女がセフレ扱いをずっと受けていたり、「年収さえあればそれでいい」なんて女子が25歳で早々に恋愛市場から卒業したりするものです。

じゃあ、「結婚できない女性」って何者? その答えは「自分の結婚したい相手の条件をハッキリ言えない人」です。

結婚したい相手の条件って、誰の条件?

「どんな人と結婚したい?」と質問すると、大方の答えは誠実、優しい、経済力がある……といった美辞麗句が並びます。でも本当にそんな相手にときめくのでしょうか?

本当は甘えん坊な彼を養いたい願望があったり、浮気するかもしれないモテ男子にどうしようもなく弱かったり。友達や親には堂々と言えない好みがあるのも含めて恋愛じゃないでしょうか。

もし結婚したい相手の条件を思い浮かべて誰にでも言えるようなものしか無いなら、本当に自分の好みなのかを洗い出した方が良いでしょう。それって自分のお母さんが気に入りそうな男性のタイプじゃない?

友達に「素敵な彼ね」って言われたいがために選んでない? そうやって醜い欲望とも向き合って選んだ彼は、たとえ誰が反対しようが「結婚したい」相手になるはずです。

条件が揃わないなら独身でもいい、と思える相手

自分が本心から結婚したいと思える条件が揃えば「もしこの条件を備えた相手と結婚できないなら独身でいい」と納得できるはずです。恋愛結婚がここまで一般化した現在、ときめかない相手と世間体のためだけに結婚できる女性は少ないはず。

「いっそ独身でいい」と割り切れるくらい自分の欲望に忠実な好みのタイプが割り出せたら、その相手が見つからなかったからと独身を選んでも幸せになれます。人生を主体的に選べるなら、少なくとも「結婚できない」人にはならないのです。

あなたの本音から言える、好みの彼はどんなタイプですか? 即答できなくても構いません。でも本当に結婚したいなら、1度は向き合ってほしいと思います。

 

written by トイアンナ