たーのしー! ゴールデンウィークの充実した過ごし方5選

5月の楽しみといえばゴールデンウィーク。連休をどう過ごそうかと計画を立てている人もいると思います。ゴールデンウィークを有意義に過ごすことができれば、連休明けもゆううつな気持ちにならないかもしれません。

今回は、充実したゴールデンウィークを過ごした女性のエピソードをご紹介します。

大掃除をした

「年末は寒いので大掃除をしませんでした。その代わり、ほどよい気候のゴールデンウィークに大掃除。連休だから時間をかけてゆっくり掃除ができるし、模様替えもバッチリ。キレイになった部屋で過ごすのは気持ちがいいです」(29歳/金融)

長期休暇の定番ともいえる大掃除。初夏の清々しい空気を感じながら大掃除をすれば、部屋も気持ちもスッキリしそう。模様替えをして、過ごしやすいリラックスできる部屋にするのもいいですね。そうすれば仕事から帰ってきても「部屋が汚い!」とストレスを溜めることがありません。

遠方の友達や親戚に会いに行った

「遠方に住んでいる友達とか親戚の人たちとかは、ゴールデンウィークを利用して会いに行きました。泊りがけでゆっくり話せるので楽しいです。友達は既婚・子持ちが多いので、私が動かないとなかなか会えませんし」(34歳/製造)

遠くに住んでいると、会うこともままなりません。相手が長距離移動できない場合はなおさらでしょう。会いたいと思うのなら、連休がちょうどいいきっかけです。相手の都合を確認しながら、サクッと遠出しちゃいましょう。

人生の予定を立ててみた

「将来どうするのか、どう生きたいのかをひたすら考えました。普段は仕事でクタクタだから、そんなことを考えている余裕はなし。しっかり身体を休めたあとに貯金額や収入、結婚願望などを見つめ直して、新しい自分を作るきっかけにしています」(30歳/建設)

日々忙しく活動していると、あっという間に時間は経ってしまいます。「気づけばもう一年経ってる!」なんてことは日常茶飯事かも。これでは将来のことなんて考えている暇はありませんね。連休の間に将来のことを考えれば、人生の軌道修正もバッチリできそう。

人間関係をじっくり見つめ直す

「知り合いや友達はそれなりの数いるものの、本当に大切だと思う人はそれほど多くはありません。自分にとって大切な友人もいれば、よく考えると付き合うべきではない友人もいます。自分の人間関係を見つめ直して、今後の人間関係をよりよいものにするようにしました」(33歳/教育)

なんとなく集まっている女子会、誘われたからとりあえず行った飲み会……それって必要だったのでしょうか。意外と「なくてもいいかも」「むしろ、それらのせいで時間を無駄にしたかも」なんて思うときはあります。人間関係を見つめ直すことで、人間関係はもちろん、時間の使い方もうまくなりそう。

ご近所で行ったことのない場所へ行く

「旅行はおっくうだけれど、知らない街を歩きたい……と思ったので、ご近所を散策しました。いつもと違う道を通るだけでもいろいろな発見があるものです。以前、雰囲気のいい喫茶店を見つけ、今では行きつけになっています」(32歳/介護)

旅行となると準備も計画も大変です。その点、ご近所なら気軽に行けます。家と会社の往復ばかりの毎日なら、知らない道もたくさんあるはずです。そういう道を歩くようにすれば、ちょっとした冒険になりそうですね。

最後に

せっかくの連休ですから、楽しい時間にしたいもの。自分が満足できるゴールデンウィークを過ごしてくださいね。

 

Written by 神之れい