尽くす女性が浮気されやすい理由

尽くす女性は、女目線で見れば「できた彼女」ですが、男性にとっては「交際後に愛が冷めやすい彼女」だといえます。しかも、自分を大切にしてくれる「できた彼女」をキープしながら、ちゃっかり浮気したりもするのですから、腹立たしい話です。

けれど、男性が浮気に走ってしまう理由は、実は尽くす女性が持っているんですよ。せっせと尽くすことが、彼氏に浮気を勧めているのだとしたら、本末転倒だと思いませんか?

尽くす女性=お母さんみたい

男性にとって1番身近で安心できる女性は、母親です。育つ過程で衣食住のほとんどをお世話してもらっていますから、当然なんですが、母親のように細かく面倒を見てくれる女性に男性は心を許しやすくなります。

ただしそれは、女性を「お母さんみたい」と感じて安心するだけで、恋の情熱に胸をときめかせる状態とは違うのです。尽くし型の女性と一緒にいたいのは、自分が何もしなくていいから。ラクだから。

そのため、交際当初は男性側が惚れ込んでいたとしても、恋心はすぐに冷めて、釣った魚にエサをやらないような関係になってしまいます。彼女をぞんざいに扱ったり、急にワガママに振る舞い始めたりするでしょう。

尽くしてくれる=愛さなくてもいい

女性は愛されるほど気持ちが高まりますが、男性は逆です。愛されるほど気持ちが冷めて、恋の楽しみを実感できなくなります。どんな草食系男子にも狩猟本能は備わっていますから、男性はやっぱり好きな女性を追いかけたいと考えるもの。

けれど、尽くす女性は、男性が追いかけなくても溢れんばかりの愛を捧げてくれるので、「追いかけなくてもいい」と愛することを怠けがちになるでしょう。そして、「追いかける恋の喜び」を彼女以外の女性に見出して、浮気に走ってしまうのです。

何をしても許してくれるという思い込み

尽くしタイプの彼女をキープしながら浮気をする男性は、「ウチの彼女は何をしても許してくれる」という間違った思い込みをしています。日頃からワガママを聞いてもらい、日常の細々したことを面倒見てもらっているので、彼女に拒否されるということを想像しないのでしょう。自分はいつでも受け入れてもらえると慢心しているのです。

けれど、1度でも浮気を許せば、彼氏の裏切りは繰り返されるはず。悔しさや悲しさを我慢せずにさらけ出し、ガツンと怒ったほうが良いでしょう。

また、しばらくの間は連絡を断ち、彼氏に自分の罪の重さを自覚してもらう必要があります。尽くし型の女性にとって、「好きな人と離れること」はつらいでしょうが、心を鬼にして自分の存在価値を知らしめるのです。

 

浮気されないための防止策

尽くしタイプの女性は、好きだからこそ「やりすぎ」てしまいます。手料理を振る舞い、部屋を掃除して、溜まった洗濯物まで洗ってあげて、彼氏から連絡が来れば深夜でも返そうとするはず。

でも、恋人関係は7割程度の愛で成立する、と思ったほうが良いでしょう。尽くしすぎて彼氏に振られた、別の女性に奪われた、という経験がある女性は特に、「適当にあしらっても、彼氏はちゃんと愛してくれる」と思うべきです。

お母さんになってあげる必要はありません。彼女として大切にされるには、適度な距離を保ち、あえて放っておく部分も作ってください。そうすれば、彼氏は、彼女を追いかけたい気持ちを新鮮に持ち続けてくれるはずです。

 

Written by 沙木貴咲